スポンサードリンク

コレステロールを下げるコレステロールを下げるにはいくつかの方法があります。コレステロールは人の体を健康的に保つために重要な成分ですが、コレステロール値が高くなると高脂血症や動脈硬化の原因になります。

食生活や生活習慣に気をつけた上で、自分のコレステロール値を把握し、毎日の生活に運動などを取り入れましょう。

 ■コレステロールを下げる!

コレステロールを下げる■コレステロールは遺伝?
コレステロールは遺伝もありますが、体質や遺伝でのコレステロール値が増加は、原因の約15%程度だと言われています。
個々でタンパク質の摂取が多い、アルコールやタバコなどの生活習慣の原因が大きいのです。

コレステロールを下げる■コレステロールはストレスで上がる?
ストレスがかかると、副腎皮質ホルモンの分泌が活発化し、血中の遊離脂肪酸の量が増加して、コレステロール合成を促進をさせてしまうのです。
またストレスによって、暴飲暴食することがコレステロール値を上昇させてしまう原因にもなってしまいます。

コレステロールを下げる■コレステロール値と食事
健康な方なら、カロリーの高い物をあまり食べすぎないようにすれば問題はありません。
しかしコレステロール値が高い方は、コレステロール値を下げる食事に切り替える方が健康の為にも良いのです。
野菜や海草などの食物繊維がたくだん含まれている食品を食べるように心がけましょう。

コレステロールを下げる■コレステロールを下げるための運動
コレステロール値を下げるのに、運動はとても大切です。
おすすめなのは、ウォーキングや水泳などの有機酸素運動を毎日行うことです。
週3回以上で効果があるといわれていますので、最低でもそれくらいは行うようにしてください。