コレステロール値を下げる!悪玉ldl・善玉hdl・食事のTOPに戻る

スポンサードリンク

コレステロールと中性脂肪

体内に存在する脂肪は、中性脂肪とコレステロールがあるんですよ。
中性脂肪って最近よく耳にしませんか?

中性脂肪とは、皮下脂肪として体内に蓄えられ、運動などの時、必要な場合にエネルギー源として活用されるんです。
しかし最近耳にする言葉で、中性脂肪をコントロールするという言葉があるように、中性脂肪も、過剰になってしまいますと体に何らかの悪影響を及ぼしてしまうことがあるんです。
ですので、中性脂肪も、コントロールする必要があるのです。

中性脂肪とコレステロールのバランスが崩れてしまいますと血中の脂肪が増えてしまい体には悪影響を及ぼしますので、バランスを保つことが非常に大切になってきます。

コレステロールと中性脂肪のバランスが崩れてしまうと高脂血症になってしまう恐れがあります。

コレステロールが高い場合は高コレステロール血症になる恐れがあり、中性脂肪が高い場合は高中性脂肪血症になってしまう恐れがあるのです。
また、コレステロールも中性脂肪も両方高い場合には、高コレステロール高中性脂肪血症を発症しやしくなってしまうんです。

高脂血症になってしまいますと動脈硬化に罹りやすくなってしまいます。
そうなると、心筋梗塞や脳梗塞あるいは肝臓病などを発症してしまう恐れがあるのです。

大病を予防するには、コレステロールと中性脂肪の数値に注意をすることが大変重要になってきます。

コレステロールには2つのタイプHDLとLDLがあります。
この2つのタイプと中性脂肪のバランスが悪い場合、例えばHDLが少なくてLDLと中性脂肪が多い場合には、体調の変化などに十分注意しないといけないと言われているのです。

コレステロールや中性脂肪の値が変化したとしても、自覚症状がない場合が多く、検査をしないと状況がわからない場合があるのです。
ですので、医師の診断や検診などをこまめに行うようにしましょう。
値を正常に保つようにするよう、心がけましょう。
関連コンテンツ

脂質異常症

医療の専門家の間では、高中性脂肪血症、高LDLコレステロール血症、低HDLコレステロール血症のことを「脂質異常症」と総称することがあります。 これは、日本動脈硬化学会の2007年に公表した指針に基づ・・・

コレステロールが高い方と肥満

コレステロール値が高い方は、肥満気味または肥満状態である場合が非常に多いのです。 肥満気味、あるいは肥満状態な方は食事の量が多い方が大半ではないでしょうか。 また、運動量が少ない甘い物やアルコ・・・

コレステロールとメタボ対策

最近よくCMなどでも耳にしたりすることが多くなってきた、メタボリックシンドローム(メタボ)ですが、コレステロールを気になさっている方ならこのメタボも気になさっているのではないでしょうか。 メタボ・・・