コレステロール値を下げる!悪玉ldl・善玉hdl・食事のTOPに戻る

スポンサードリンク

脂質異常症

医療の専門家の間では、高中性脂肪血症、高LDLコレステロール血症、低HDLコレステロール血症のことを「脂質異常症」と総称することがあります。
これは、日本動脈硬化学会の2007年に公表した指針に基づいています。

これまでなら、総コレステロール、LDLコレステロール(悪玉)、中性脂肪のいずれかひとつでも基準より高い数値の場合、またはHDLコレステロール(善玉)が基準より低い数値の場合をどちらも同じく「高脂血症」と呼んでいました。
ただ、善玉コレステロール値が低いのに高脂血症という「高」の時が入る病名というのは、不明確であるという意見が多く寄せられたようです。

脂質異常症の診断基準というのは、中性脂肪150mg/dl以上、LDLコレステロール140mg/dl以上、HDLコレステロール40mg/dl未満という数値が規定されています。
脂質異常症や高脂血症の方への治療としては、はじめに食事療法と運動療法を中心とした診療が行われます。

次に、食事療法と運動療法を用いても改善効果が見られない場合には、薬物療法を行うことになります。
食事療法と運動療法で行う内容は、個々の症状や別の病気といった点を考慮に入れて、専門的なプログラムが作り出されます。

薬物療法において、中性脂肪の数値が高い人の場合、フィブラート系薬剤(ヘザトールなど)を中心に投与されます。
高いLDLコレステロール値を示す人なら、スタチン系薬剤(クレストール、リピトールなど)と脂質吸収抑制剤(ゼチーアなど)という種類のものがメインとして用いられます。

他にも、魚の抽出成分として知られるEPA(エイコサペンタエン酸)を精製し作られた医薬品を使う場合もあります。
薬物療法で一定の成果があがった場合でも、過去の食生活や運動不足に再び戻ってしまう危険に注意してください。
関連コンテンツ

コレステロールが高い方と肥満

コレステロール値が高い方は、肥満気味または肥満状態である場合が非常に多いのです。 肥満気味、あるいは肥満状態な方は食事の量が多い方が大半ではないでしょうか。 また、運動量が少ない甘い物やアルコ・・・

コレステロールと中性脂肪

体内に存在する脂肪は、中性脂肪とコレステロールがあるんですよ。 中性脂肪って最近よく耳にしませんか? 中性脂肪とは、皮下脂肪として体内に蓄えられ、運動などの時、必要な場合にエネルギー源として活・・・

コレステロールとメタボ対策

最近よくCMなどでも耳にしたりすることが多くなってきた、メタボリックシンドローム(メタボ)ですが、コレステロールを気になさっている方ならこのメタボも気になさっているのではないでしょうか。 メタボ・・・