コレステロール値を下げる!悪玉ldl・善玉hdl・食事のTOPに戻る

スポンサードリンク

コレステロールと心筋梗塞の関係

最近、多いと新聞やニュースで見かけられたり聞かれたりするかと思いますが、心筋梗塞になられる方が多いようです。
これも、コレステロールが原因と言われています。

血液内にコレステロールが過剰にあると血行が悪くなります。
そして次第に、動脈硬化を起こしてしまい心臓へ負担がかかります。
動脈硬化は、心臓の周りの血管を脆くさせ、血流を妨げてしまうのです。

心筋梗塞は、血流が止まることを言います。
血流が止まってしまうと、心筋細胞を壊死させてしまったり、発作を起こして心停止する場合などもあります。
また、最悪なケースとなると死亡してしまう場合もあるのです。

コレステロール値が高い方は特に、心筋梗塞や狭心症などの発症が起こりやすくなってしまいますので、コレステロール値が高い方は、注意しないといけません。

しかし、コレステロールでも、悪玉コレステロール(LDL)が高い、善玉コレステロール(HDL)が低い、または中性脂肪が高いケースが考えられる方は、非常に心筋梗塞などを発症してしまうケースがありますので、特に注意が必要になってきます。

心筋梗塞の発作を予知することは非常に難しく、突然、心筋梗塞になりそのまま死亡してしまうケースが多く、急激な症状悪化も考えられるので、普段から発症しないように注意することが大切になってきます。

コレステロール値を下げるには、適度な運動をしたり脂っこい物を食べないようにしたり、甘いものも控えたりしましょう。
また、適度な運動、ウォーキングなどの軽い運動でも、息切れや動悸がある場合は、早い目に医師の診断を受け相談するようにしましょう。

また、定期健診などで、コレステロール値を知り変動に注意しながら、心筋梗塞が起こらないように日々対策をするよう心掛けておくことが、健康でいる為には必要なことだと思います。
関連コンテンツ

高コレステロール血症とは

皆さんは、コレステロール値を気にされていらっしゃいますか? 気にされている方なら、高コレステロール血症にも注意されている方が多いのではないでしょうか。 高コレステロール血症とは、血液中に存在す・・・

コレステロール値と脳梗塞

皆さんはご自身のコレステロール値をご存じですか? コレステロール値が高い方は食生活などを見直すようにしましょう。 コレステロール値が高いといろいろ体にトラブルを抱えてしまう場合が多いのです。 ・・・

コレステロールと動脈硬化の関係

コレステロールは脂質なので動脈硬化の原因の1つだと思われている方も多いのではないでしょうか。 コレステロールと動脈硬化の間には、非常に深いつながりがあるのです。 ご存じでしょうか? しかし、・・・

コレステロールと生活習慣病

生活習慣病でお悩みの方も多いかと思います。 これも、コレステロールと深いかかわりがあります。 食事や運動、喫煙や飲酒などの生活上の習慣によって引き起こされるのが、生活習慣病と言います。 ・・・