コレステロール値を下げる!悪玉ldl・善玉hdl・食事のTOPに戻る

スポンサードリンク

コレステロールと生活習慣病

生活習慣病でお悩みの方も多いかと思います。
これも、コレステロールと深いかかわりがあります。

食事や運動、喫煙や飲酒などの生活上の習慣によって引き起こされるのが、生活習慣病と言います。

さて、生活習慣病により発症してしまう可能性のある病気というのは、どういったものがあるのでしょうか。

例えば、糖尿病・高血圧・心臓病などがあります。
以前は成人病と言われていてご存じの方も多いと思います。

コレステロール値が高くなったりしバランスが崩れてしまうと、生活習慣病を発症させてしまうケースが多いと言われています。
コレステロールバランスを崩してしまいますと、血中のコレステロールが増加してしまい、血管の内壁に蓄積してしまうのです。

蓄積をそのまま放置しておくと、血管内壁が厚く盛り上がってしまい動脈を細くしてしまいます。
すると血行が悪くなり体のあちこちでいろいろな病気が発症してしまう場合が多々あるのです。

細くなってしまった血管は悪化し続けますと、血液の流れが停留してしまい、血の塊・血栓を発生させてしまい、やがては狭心症や心筋梗塞など、または脳卒中への危険度がさらに高まってしまうのです。

また、血行が悪くなってしまいますと、手足が痺れる感覚や冷えを感じることもあります。
毎日、健康でいる為には、コレステロール値をコントロールしておくことが大変重要になってきます。

生活習慣病は、急になってしまうのではなく、毎日、積み重ねられた問題が重篤な疾病になってしまう場合が多いのです。
コレステロール値を改善し、健康でいられるように生活習慣を改善するよう心掛ける生活を送ってみませんか。
関連コンテンツ

高コレステロール血症とは

皆さんは、コレステロール値を気にされていらっしゃいますか? 気にされている方なら、高コレステロール血症にも注意されている方が多いのではないでしょうか。 高コレステロール血症とは、血液中に存在す・・・

コレステロール値と脳梗塞

皆さんはご自身のコレステロール値をご存じですか? コレステロール値が高い方は食生活などを見直すようにしましょう。 コレステロール値が高いといろいろ体にトラブルを抱えてしまう場合が多いのです。 ・・・

コレステロールと動脈硬化の関係

コレステロールは脂質なので動脈硬化の原因の1つだと思われている方も多いのではないでしょうか。 コレステロールと動脈硬化の間には、非常に深いつながりがあるのです。 ご存じでしょうか? しかし、・・・

コレステロールと心筋梗塞の関係

最近、多いと新聞やニュースで見かけられたり聞かれたりするかと思いますが、心筋梗塞になられる方が多いようです。 これも、コレステロールが原因と言われています。 血液内にコレステロールが過剰にある・・・