コレステロール値を下げる!悪玉ldl・善玉hdl・食事のTOPに戻る

スポンサードリンク

コレステロールと動脈硬化の関係

コレステロールは脂質なので動脈硬化の原因の1つだと思われている方も多いのではないでしょうか。
コレステロールと動脈硬化の間には、非常に深いつながりがあるのです。
ご存じでしょうか?

しかし、コレステロールのすべてが悪いわけではありません。
何がどうなれば悪い点になってしまうかと言いますと、悪玉コレステロールと言われていますLDLが多く善玉コレステロールHDLが少ない状態だとした場合、本来のHDLの働きであるコレステロールの回収がなかなか出来ず、LDLが血管内に蓄積されてしまうことが問題なのです。

ですので、HDLが少ない方は動脈硬化を発症しやすい場合が多いのです。

総コレステロール値よりもHDLの数値が重視されていることはご存じですか?
HDLが少ないと動脈硬化を発症させてしまいやすい点が重視される理由なのです。

コレステロール対策もLDLが多い方は、下げるように処置しHDLを増やす対策を講じるようにすることは非常に重要なことなのです。

動脈硬化とは一体どういう状態のことを言うのでしょう。
血管が固くて脆い状態になってしまい、内部が細くなってしまい血行も妨げられ、ひどくなると閉塞などを引き起こすことになってしまうのです。
閉塞の場所が心臓ならば心筋梗塞、脳なら脳梗塞といい、非常に命にかかわる疾病を発症させてしまうのです。

ですので、コレステロールをしっかりと正常にするようコントロールすることが大切なのです。

メタボリック・シンドローム(メタボ)や生活習慣病と言った言葉も耳にされたことがあるかと思います。最近ではメタボは会社などでの健診でも受診するかと思います。

医師の診断や健康診断などで自分自身のコレステロール値を把握するようにし、運動や食生活を見直しながら健康管理に注意するように心がけてください。
関連コンテンツ

高コレステロール血症とは

皆さんは、コレステロール値を気にされていらっしゃいますか? 気にされている方なら、高コレステロール血症にも注意されている方が多いのではないでしょうか。 高コレステロール血症とは、血液中に存在す・・・

コレステロール値と脳梗塞

皆さんはご自身のコレステロール値をご存じですか? コレステロール値が高い方は食生活などを見直すようにしましょう。 コレステロール値が高いといろいろ体にトラブルを抱えてしまう場合が多いのです。 ・・・

コレステロールと生活習慣病

生活習慣病でお悩みの方も多いかと思います。 これも、コレステロールと深いかかわりがあります。 食事や運動、喫煙や飲酒などの生活上の習慣によって引き起こされるのが、生活習慣病と言います。 ・・・

コレステロールと心筋梗塞の関係

最近、多いと新聞やニュースで見かけられたり聞かれたりするかと思いますが、心筋梗塞になられる方が多いようです。 これも、コレステロールが原因と言われています。 血液内にコレステロールが過剰にある・・・