コレステロール値を下げる!悪玉ldl・善玉hdl・食事のTOPに戻る

スポンサードリンク

コレステロール値と脳梗塞

皆さんはご自身のコレステロール値をご存じですか?

コレステロール値が高い方は食生活などを見直すようにしましょう。
コレステロール値が高いといろいろ体にトラブルを抱えてしまう場合が多いのです。


しかし、コレステロール全般が悪いわけではなく、コレステロール自体は体には必要な成分なんです。
総コレステロール値が高いから病気を発症するのではなく、コレステロール値のバランスが悪いから発症してしまうのです。

バランスを崩してしまいますと、生活習慣病やメタボリック・シンドロームを発症させてしまいますし、そのうちの1つに脳梗塞も挙げられています。

脳梗塞にはタイプ脳血栓と脳塞栓がるのです。
脳血栓や脳塞栓の主な発症原因は高血圧や動脈硬化だと言われていて、コレステロールと深い関連があるのです。

コレステロール値が上がるとどのようなことになるのかと言いますと、コレステロール値が上がると、血管内部に余分なコレステロールが溜まってしまいます。
それが動脈硬化を起こしてしまい血管を狭めてしまいます。
すると次第に、その部分に血の塊が詰まると血栓を起こしてしまうのです。

コレステロール値が高い方は、血液が粘度の高いドロドロの血液になってしまっているので、固まりやすく血栓になってしまうのです。

血栓を起こしてしまうと、血液の流れが阻害されてしまい脳血栓を発症させてしまうのです。

脳塞栓は、脳以外の部分で出来た(心臓で出来るケースが多いです)血栓が血流に乗って脳に運ばれてしまい、脳動脈を塞ぎ発症してしまうのです。

脳梗塞を発症してしまいますと、半身不随や意識障害、運動障害などの重大な後遺症があると言われていますので、非常に怖い病気とも言えると思います。

コレステロール値が高い方は、脳梗塞のリスクがあることをしっかり考えて少しでも脳梗塞を発症せずにいられるように生活改善することを心がけることが必要になってきます。
関連コンテンツ

高コレステロール血症とは

皆さんは、コレステロール値を気にされていらっしゃいますか? 気にされている方なら、高コレステロール血症にも注意されている方が多いのではないでしょうか。 高コレステロール血症とは、血液中に存在す・・・

コレステロールと動脈硬化の関係

コレステロールは脂質なので動脈硬化の原因の1つだと思われている方も多いのではないでしょうか。 コレステロールと動脈硬化の間には、非常に深いつながりがあるのです。 ご存じでしょうか? しかし、・・・

コレステロールと生活習慣病

生活習慣病でお悩みの方も多いかと思います。 これも、コレステロールと深いかかわりがあります。 食事や運動、喫煙や飲酒などの生活上の習慣によって引き起こされるのが、生活習慣病と言います。 ・・・

コレステロールと心筋梗塞の関係

最近、多いと新聞やニュースで見かけられたり聞かれたりするかと思いますが、心筋梗塞になられる方が多いようです。 これも、コレステロールが原因と言われています。 血液内にコレステロールが過剰にある・・・