コレステロール値を下げる!悪玉ldl・善玉hdl・食事のTOPに戻る

スポンサードリンク

コレステロールと長生きの関係

コレステロールは少なければ少ないほど良いと以前での医学界では定説だったんですが、コレステロール値が高い方ほど、長生きをされる方が多いと最近ではわかってきているのです。

高齢者に限定された条件ではありますが、60歳以上の方の総コレステロール値と死亡率の関係を調べましたら、コレステロール値220〜239の方が最も死亡率が低くなっている結果がわかっています。
また、コレステロールとガンの関連性も、コレステロール値160未満が最多で、最少なのが240以上のグループに分けられるというデータがあるのです。

ですので、これらのことで言えることは、コレステロール値が多少高いくらいなら不安になることはないということなんですよ。

コレステロールは動物にとって細胞膜やホルモンなどの原料となりますので、健康でいる為には、欠かせない物質なのです。ですから、少ないと生命活動に影響を与え死亡率が高くなってしまう要因になってしまうかもしれません。

ですが、だからといって高いからいいということでもありません。

コレステロール値が高いと、生活習慣病などを発症してしまう原因になってしまいますが、コレステロールでも悪玉コレステロール(LDL)ばかりが増えてしまいますと、それは健康でいるためには非常に大きな問題となってしまうのです。

コレステロールと長生きの関係は、今だ明らかにはなっていない部分もあるのですが、適正な数値を保持することが健康で毎日を過ごす為には大切なポイントとなるのではないでしょうか。

ご自身のコレステロール値が正常であるかどうか、検診などで把握されるのも良いかと思います。
関連コンテンツ

善玉コレステロール(HDLコレステロール)とは

コレステロールには悪玉コレステロール(LDL)と善玉コレステロール(HDL)の2つに大きく分類されています。 悪玉コレステロールは名前の通り、体に悪影響を及ぼす場合が多いのです。 今回は、善玉・・・

悪玉コレステロール(LDLコレステロール)とは

コレステロールにも2つの種類があることをご存じでしょうか。 その1つに悪玉コレステロール(LDL)と呼ばれているものがあります。 最近では、悪玉コレステロールではなく、LDLと呼ばれている・・・