コレステロール値を下げる!悪玉ldl・善玉hdl・食事のTOPに戻る

スポンサードリンク

悪玉コレステロール(LDLコレステロール)とは

コレステロールにも2つの種類があることをご存じでしょうか。

その1つに悪玉コレステロール(LDL)と呼ばれているものがあります。

最近では、悪玉コレステロールではなく、LDLと呼ばれていることが非常に多くなってきているのです。

では、悪玉コレステロールにはどのような働きがあるのでしょうか。
簡単ではありますが、ご説明させていただきます。

善玉コレステロールのようにコレステロールを回収する働きはなく、悪玉コレステロールを体内に過剰に増加させてしまいますと、血管に溜まり、酸化した状態になってしまいます。
すると、生活習慣病などの発症に注意しないといけない疾病の動脈硬化を引き起こしてしまうのです。

コレステロール補給に大切な役割を持っている悪玉コレステロールですが、体には悪影響を及ぼす場合が多いので、この名前が付けられたという経緯があるのです。

悪玉コレステロールのコントロールは、生活習慣病などの発症を防ぐために非常に重要になってきていることからわかりますように、総コレステロールの内、悪玉コレステロールの数値が高い場合には、数値を減らすような治療を行われます。

ですが、コレステロールは体には必要な成分なので、悪玉コレステロールも必要なんです。
ですので、正常な数値になるように食生活を見直してみたり、適度な運動をしてみたりしながら、生活習慣を見直ししてみるのが良いかと思います。

糖尿病や心疾患などを予防できるよう、生活習慣改善を心がけるようにしましょう。
関連コンテンツ

善玉コレステロール(HDLコレステロール)とは

コレステロールには悪玉コレステロール(LDL)と善玉コレステロール(HDL)の2つに大きく分類されています。 悪玉コレステロールは名前の通り、体に悪影響を及ぼす場合が多いのです。 今回は、善玉・・・

コレステロールと長生きの関係

コレステロールは少なければ少ないほど良いと以前での医学界では定説だったんですが、コレステロール値が高い方ほど、長生きをされる方が多いと最近ではわかってきているのです。 高齢者に限定された条件では・・・