コレステロール値を下げる!悪玉ldl・善玉hdl・食事のTOPに戻る

スポンサードリンク

善玉コレステロール(HDLコレステロール)とは

コレステロールには悪玉コレステロール(LDL)と善玉コレステロール(HDL)の2つに大きく分類されています。

悪玉コレステロールは名前の通り、体に悪影響を及ぼす場合が多いのです。
今回は、善玉コレステロールについて、ご説明させていただきたいと思います。

以前は、善玉コレステロールと呼ばれていたのですが、ここ最近では、HDLと呼ばれていることが多くなってきました。

現在のコレステロールの研究ほど、研究が進歩していなかった時代に、体にプラスの働きをするコレステロールが善玉コレステロールだと言われ、体に悪影響がある働きをするのが悪玉コレステロールだと言われていたので、この名前がついたのだと言われています。

しかしながら、コレステロールには良い悪いなど全くなく、コレステロールのバランスが大切であることがわかってからは、正しく理解していくためなのか、今現在では、LDLとHDLと呼ばれていることが多くなってきたのです。

善玉コレステロールは、どのような働きをするのでしょうか。

体内で過剰なコレステロールを回収し、肝臓に運ぶ役目があるのです。
コレステロールが肝臓に運ばれますと、胆汁酸の原料となって再使用されるのです。
さらには、血液内にこびりついているコレステロールを排除してくれる役割もあるのです。

善玉コレステロールが増えることはは、動脈硬化の予防に繋がりますので、増やすよう食事などを改善するようにしましょう。
善玉コレステロールは、生活習慣病から遠ざけてくれるという期待がされているコレステロールなのです。
関連コンテンツ

悪玉コレステロール(LDLコレステロール)とは

コレステロールにも2つの種類があることをご存じでしょうか。 その1つに悪玉コレステロール(LDL)と呼ばれているものがあります。 最近では、悪玉コレステロールではなく、LDLと呼ばれている・・・

コレステロールと長生きの関係

コレステロールは少なければ少ないほど良いと以前での医学界では定説だったんですが、コレステロール値が高い方ほど、長生きをされる方が多いと最近ではわかってきているのです。 高齢者に限定された条件では・・・