外反母趾 治療・対策〜我慢せず治す!のTOPに戻る

スポンサードリンク

外反母趾の痛みについて

外反母趾とは、足の親指が小指側に曲がってしまう状態のこといい、一般的には、パンプスやハイヒールなど爪先が細く、足にぴったりした靴を履くことで起こると言われています。

この外反母趾になってしまうと、立っているだけでも、歩いているときでも足の親指の付け根が痛くなると言われており、この痛みの原因に第一中足骨と付け根の稼働範囲にあると言われます。

普段、私たちの足は、歩くときや立っている時は、親指の付け根と小指の付け根と踵の3点で体重を支えているといわれ、特に歩くときに親指の付け根に一番体重がかかるのです。

そのため、足の親指が出張ってくるとその付け根の外側が靴にあたるようになり、痛みが出ますし、外反の角度が大きくなれば、赤く腫れあがったり、二次的な症状として、タコやマメが変な場所にできて、余計な痛みを伴います。

この外反母趾を治療する場合、骨自体が変形していると治すことはできないのですが、大体の外反母趾は、第一中足骨と関節が変形したもので、靭帯と筋肉が硬くなっていたり、弱くなってしまったのが原因なので、その部分を柔らかくして強くしてあげることで治すことが可能なので、1年位、テーピングなどをしてみることで、外反母趾による痛みは軽くなると思います。
関連コンテンツ

外反母趾治療のグーパー運動

外反母趾の治療方法として、グーパー運動という足指の運動が効果的と言われており、この運動は最初から誰でもできるという訳ではないようです。 1.グー運動の方法とは、ただ単に足の指を曲げるのではなく、・・・

外反母趾の足指(親指)の痛みを無くそう

外反母趾とは、足の親指や薬指の関節などが痛むようになるもので、試しに足の親指と薬指の間にある関節を抑えると、足の裏側の方まで痛みが出てくるようになりますので、外反母趾かどうかがすぐに分かります。 ・・・

外反母趾の痛みの原因

外反母趾、指上げ足、扁平足など足の裏が痛くなる症状は様々ですが、足の裏が歪んでしまう原因として、以下のような原因があると言われています。 1.退化 ・人間には、足底反射という本能が備わっており・・・

外反母趾の足指(人差し指)の痛みを無くそう

外反母趾になると親指の付け根部分だけでなく、人差し指の付け根部分に痛みを感じる人も増えてくるようです。 このような方々は、最初の内は、親指の方に気を取られていて何も感じないと思うのですが、徐々に・・・