外反母趾 治療・対策〜我慢せず治す!のTOPに戻る

スポンサードリンク

外反母趾の予防運動

足の筋肉や力が弱いことが原因で、外反母趾になると思われますので、外反母趾を予防するには、足の筋肉をつけたり、足の力を鍛えたりすることが最も効果的ではないかと考えられています。

拘縮予防とは、足の指が運動することで起こすことが出来ますし、これは、外反母趾によって、小指側に曲がった親指をこの状態で固定されることを防ぐことができます。
この拘縮予防は、お風呂に入っているときに行うと最も効果的だと思われます。

【拘縮予防運動】
1.手を使ってリズム運動をする方法

・この方法は、自分の足の親指を手で掴むようにし、内側に押したり、外側に少しひいたりしてテンポ良く足指を動かしてみてください。すると、足の指が元々あった場所に戻ってくる可能性があるのです。

2.ホーマン体操

・この体操は、ゴムバンドを使用する方法で、足の指にゴムバンドを引っ掛けて、両足の踵をくっつけ、その状態で、足を開くようにして、10秒くらいその体制のまま静止し、10秒たったら元の位置に戻すようにしましょう。
この体操を20回/1セット、1日数セット行えば、充分に外反母趾予防になると思います。
関連コンテンツ

外反母趾に有効な足の運動

外反母趾の原因の一つとして、足にある筋肉が弱まり、足の縦、横の部分にあるアーチがなくなってしまうことがあり、このアーチがなくなってしまうことで、開張足や扁平足になってしまうこともあるようなのです。 ・・・

外反母趾に有効な親指運動

外反母趾になると辛いですよね。だって、これを治そうと思って病院にいっても通院するのが面倒になって、途中でやめてしまうことになりますよね。 なので、外反母趾を自分で治療する方法がとても有効的なので・・・

外反母趾の治療法:ホーマン体操

ホーマン体操という体操が外反母趾の治療法として有名なようです。 【ホーマン体操のやり方】 1.幅のあるゴムバンドで、長さは手から足までの倍の長さのものを用意しましょう(なければ普通の紐でも可)・・・

外反母趾に有効な運動療法

外反母趾の治療方法として、筋肉を運動させるという運動療法というのがあります。 【運動療法】 ・この運動療法とは、自動運動と言う、関節を適切な筋肉を使用して動かす方法と他動運動と言う、直接その関・・・