スポンサードリンク

腎臓病腎臓病は、もし悪化すれば治療の難しい病気です。
腎臓病になると体のさまざまな箇所にダメージを与える事となり、最終的には命に関わる「腎不全」にまで発展します。
原因となる病気の予防や早期発見が重要です。

 ■腎臓病に関する知識

腎臓病 腎臓の主な働き
▼「排泄機能」
人体にとって有害となる物質や、過剰に摂取した物質を体外へ排泄させる重要な役割です。
▼「体内の水分量調整」
水分が少なくなると「血液ドロドロ」等の原因にもなります。
▼「ホルモンの分泌」
赤血球の産生を促す「エリスロポエチン」や、血圧を調整するといわれる「レニン」を分泌しています。

腎臓病 腎臓病の治療法は?
腎不全になると、「薬物治療」はもちろん、「人工透析」や「腎臓移植」など、身体に負担となる治療法を行なうことになります。さらに重度の腎不全に発展すると、完治させる事はほぼ不可能とも言われています。

腎臓病 3大腎臓病
▼「ネフローゼ症候群」
体内でタンパク質が不足する腎臓病の一種。「過度のむくみ」の症状があります。体内のタンパク質が尿の中に排泄されるのが原因です。
▼「慢性腎炎」
慢性的な腎炎の症状を指し、症状が悪化するまで気付きません。体の異変には約10年間も気付かない場合もあります。
▼「急性腎炎」
一気に症状が現れる腎炎です。症状は激しいですが、改善までの期間も短いといわれています。

腎臓病 腎臓病の食事療法
主に「タンパク質」「塩分」「エネルギー」の制限や調整を行ないます。食事療法だけで腎臓病を改善させる事は困難ですが、腎臓を労わる事で、症状の悪化を防ぐことができます。