腎臓病 症状と食事治療ナビのTOPに戻る
「腎臓病 症状と食事治療ナビ」トップ >  腎臓病の検査 > 糸球体濾過の機能検査など〜腎臓病治療

スポンサードリンク

糸球体濾過の機能検査など〜腎臓病治療

腎臓病には「たんぱく尿検査」「超音波検査・X線検査」「PSP検査」「腎生検査」等がありますが、他にも幾つかの検査法が存在しており、その種類は多岐に渡っています。
ではそれら腎臓検査について紹介していきます。


■「血清尿素窒素検査(BUN)」とは、糸球体濾過機能の調査を行なう腎臓検査です。
正常値を10〜15mg/dlとし、それ以下の場合では「肝不全」や「妊娠」などが疑われ、反対に高い場合では、「過剰なタンパク質の摂取」や「腎機能低下」の目安となります。

また糸球体濾過機能を調査する腎臓検査には、「血清クレアチニン検査」もあります。
正常値は、男性が0.8〜1.3 mg/dlで、女性は0.5〜0.9 mg/dlとなります。
この数値を上回ると、「腎不全」や「鬱血性心不全(うっけつせいしんふぜん)」等の可能性があります。


■「クリアランス検査(Ccr)」とは、糸球体濾過値の調査を行なう腎臓検査です。
正常値を100ml/ 分とし、それ以下の場合では「腎炎」が疑われ、それ以上の場合は「糖尿病(初期)」や「妊娠」などが疑われます。


■「濃縮検査(フィッシュバーグ濃縮試験)」とは、尿の浸透圧や比重を計測するもので、朝一番の尿を使用して行なう腎臓検査です(3回実施)。
正常値は、浸透圧が800mOsm/kg以下で、比重が1.023以上とされています。
これらの数値バランスが崩れると、「尿崩症」や「尿細管機能の低下」などの危険性が考えられます。
関連コンテンツ

腎臓病の検査

「腎臓病に罹っているのではないか?」。この様な場合は、やはり各種腎臓検査を受けるのが自分自身の為でもあります。腎臓検査には、「たんぱく尿検査」「超音波検査・X線検査」「PSP検査」「腎生検査」がありま・・・