腎臓病 症状と食事治療ナビのTOPに戻る
「腎臓病 症状と食事治療ナビ」トップ >  ネフローゼ症候群 > ネフローゼ症候群とたんぱく尿

スポンサードリンク

ネフローゼ症候群とたんぱく尿

尿に大量のたんぱく質が流れ出る事により、たんぱく質が足りなくなり、顔面や脚に浮腫が発生する腎臓病が、ネフローゼ症候群です。
現在において、「慢性腎炎」「急性腎不全」と共に名前が挙がる、有名な腎臓病の1つです。

通常の人の場合でも、尿中に少量のたんぱく質が流れ出る現象は普通です(1日50g以下)。
また、「生理的たんぱく尿」として、激しい運動を行なった際に現れる「運動性たんぱく尿」、寝ている状態から、立ち上がった際に起こる「起立性たんぱく尿」、その他「新生児たんぱく尿」などがあります。

しかし、ネフローゼ症候群の場合では、1日に3.5g以上のたんぱく質が尿中に排泄されるもので、この様な状態というのは「生理的たんぱく尿」では考えられません。
ですので、日々この様に多量のたんぱく尿が当り前となっているのなら、ネフローゼ症候群に罹っている可能性があると考えるべきです。

腎臓病の診断には、尿たんぱくの量(1日3.5g以上)を目安として診断されます。
そして、更に詳細を調べる為に「血清検査」や、腎臓組織の状態を針で調べる「腎生検」により詳細を把握します。

また、ネフローゼ症候群に罹ると、一番の要因であるたんぱく尿の他にも、「浮腫(むくみ)」や「高脂血症」という症状が現れる場合が多く、この様な症状からもネフローゼ症候群の診断が可能となります。いずれにしても、普段から自分の健康数値の把握をしておかなければなりません。
関連コンテンツ

ネフローゼ症候群の診断基準

●ネフローゼ症候群の診断基準(厚生省) ネフローゼ症候群の診断基準は、「たんぱく尿」「低たんぱく血症」「浮腫(むくみ)」「高脂血症」の4つです。 ネフローゼ症候群には、「成人ネフローゼ症候・・・

一次、二次ネフローゼ症候群

ネフローゼ症候群とは、人体の免疫や代謝に異常が生じ、やがては基底膜にも悪影響を及ぼし、尿へ大量の「血清たんぱく」が流れて、そのまま排泄されるという病気です。 現在において、3大腎臓病の1つに数えられ・・・

ネフローゼ症候群〜腎臓病の症状

3大腎臓病の1つである「ネフローゼ症候群」は、たんぱく尿により、血中たんぱく質が減少する疾患です。その為、たんぱく質の摂取を増やせば、ネフローゼ症候群の根本治療に繋がると考えられてきました。 し・・・