腎臓病 症状と食事治療ナビのTOPに戻る

スポンサードリンク

一次、二次ネフローゼ症候群

ネフローゼ症候群とは、人体の免疫や代謝に異常が生じ、やがては基底膜にも悪影響を及ぼし、尿へ大量の「血清たんぱく」が流れて、そのまま排泄されるという病気です。
現在において、3大腎臓病の1つに数えられています。

ネフローゼ症候群には、「一次性ネフローゼ症候群」と「二次性ネフローゼ症候群」という2つの種類があり、これは糸球体への障害や異常の差異から分別されます。

■「一次性ネフローゼ症候群」は、ネフローゼ症候群の中でも、糸球体自体の疾患により発症すると言われています。腎臓を診断することにより、「異常硬化型」「微小変化型(リポイドネフローゼ)」「細胞増殖型」「膜型」という4つの種類に大別することが出来ます。

■「二次性ネフローゼ症候群」は、糸球体が原因で罹ることに関しては、一次性ネフローゼ症候群と同じですが、病気による身体への異常が原因で、糸球体へも悪影響を及ぼし発症するものです。

二次性ネフローゼ症候群の要因となる症状には、以下のような種類があります。


1・膠原病(ループス腎炎など)や、それに近い疾患。

2・代謝性疾患が大きな要因となります(糖尿病性腎症など)。

3・ヘロイン中毒からネフローゼ症候群に罹る場合がある事から、薬物や化学物質が要因になると言われています。

4・ウイルス感染症などの感染により発症するケースもあります。また、虫刺されにより発症するケースも知られています。

5・「肝硬変」や「妊娠中毒症」「悪性腫瘍」「エイズ」といった症状も、時としてネフローゼ症候群を発症させる要因となります。
関連コンテンツ

ネフローゼ症候群の診断基準

●ネフローゼ症候群の診断基準(厚生省) ネフローゼ症候群の診断基準は、「たんぱく尿」「低たんぱく血症」「浮腫(むくみ)」「高脂血症」の4つです。 ネフローゼ症候群には、「成人ネフローゼ症候・・・

ネフローゼ症候群とたんぱく尿

尿に大量のたんぱく質が流れ出る事により、たんぱく質が足りなくなり、顔面や脚に浮腫が発生する腎臓病が、ネフローゼ症候群です。 現在において、「慢性腎炎」「急性腎不全」と共に名前が挙がる、有名な腎臓病の・・・

ネフローゼ症候群〜腎臓病の症状

3大腎臓病の1つである「ネフローゼ症候群」は、たんぱく尿により、血中たんぱく質が減少する疾患です。その為、たんぱく質の摂取を増やせば、ネフローゼ症候群の根本治療に繋がると考えられてきました。 し・・・