腎臓病 症状と食事治療ナビのTOPに戻る

スポンサードリンク

腎臓移植〜腎臓病の治療

人工透析治療も進化しており、正しい管理にて継続する事で、正常な人達に近い生活が可能となってきました。ですが、腎臓病を完治させる根本療法ではなく、あくまで症状の悪化を防ぐ為の対症療法である為、やはり治療には限界があります。

ですので、重度の腎臓病である「腎不全」に陥った場合には、「食事制限」や「血圧管理」を徹底する事により、人工透析治療を少しでも先延ばしさせましょう。

しかし、止むを得なく人工透析治療を余儀なくされた場合には、1つの救済策として挙げられる方法に「腎臓移植」があります。
以下で、2種類の腎臓移植について説明していきます。


■親・子供・兄弟と言った「生きている人(生体)」から、片方の腎臓を提供して貰い、移植するという方法が「生体腎移植」です。腎臓という器官は、片方だけでも機能する為、この様な方法が可能となるのです。生体腎移植は、90%を超える成功率を誇りますが、「血液型」や「白血球型(HLA)」が自分と同じ相手でなければ腎臓を貰う事は出来ません。

■生きている人からの腎臓提供に対し、何らかの原因で死亡した人(死体)の腎臓を貰い受ける方法を、「死体腎移植」と言います。この場合は、1〜2時間以内に腎臓の移植を行なう必要があるとされています。尚、成功率に関しては、「生体腎移植」よりは劣り、70%程度と言われています。


重度の腎臓病治療の人工透析は、週2〜3回、1回につき4時間が基本とされており、この様な苦痛をさける為に、最終手段として上記の様な腎臓移植を望む人がおります。
関連コンテンツ

腎臓移植について

腎臓移植は、慢性腎不全を完治させる唯一の腎臓病治療とも言われています。 腎臓移植を行なう際には、「ドナー(腎臓提供する者)」と「レシピエント(腎臓提供を受ける者)」の、「血液型適合性」と「組織適合性・・・

腎移植について

近ごろでは、人工腎臓の一種である「血液透析」を行なうことで、腎不全などの重度な腎臓病の場合でも、通常の生活スタイルが可能となり、仕事復帰も夢では無いと言われています。しかし血液透析は、本物の腎臓機能に・・・

人工腎臓〜腎臓病の治療

腎臓の働きとして、「体内の水分量と成分の調整と維持」「老廃物・代謝物・薬物の排泄機能」「ホルモン(エリトロポエチン)の分泌」などが挙げられます。これら機能をフルに活用して、「尿の生成」「赤血球を生成す・・・

腎性貧血〜腎臓病の治療

腎臓病の治療法の1つである「透析療法」は、腎臓機能の低下を機械的に補うという治療法ですが、腎臓を元に戻すことが出来る訳ではありません。つまり、根本療法ではなく「対症療法」と言える治療法なのです。その為・・・

透析療法と合併症

腎不全とは、腎臓機能が極度に低下した腎臓病を言い、急性の症状を「急性腎不全」、慢性の症状を「慢性腎不全」と呼びます。 腎不全では、急性・慢性問わずに「透析療法」が必要となり、急性腎不全は「利尿期」と・・・

透析患者の生活〜腎臓病の治療

現在、「慢性腎不全」や「尿毒症」に有効な治療法とされる「人工透析治療」は、昔と比べて遥かに進化してきており、正しい管理のもとに行なう事により、極めて通常に近い生活を送る事が可能となりました。 例・・・

透析療法〜腎臓病の治療

末期の慢性腎不全と呼ばれる腎臓病に「尿毒症」があります。 慢性腎不全ですら重大腎臓病なのですから、尿毒症ともなると腎機能の著しい悪化により、身体の毒素が各臓器にまで行き渡る様になります。この様な状態・・・

慢性腎不全の治療

「慢性腎不全」とは、腎臓機能が通常の50%以下にまで低下した状態を言います。 腎臓病の中でも、かなり重症とも言える慢性腎不全は、主に3つの治療法を実践して改善を目指します。3つの治療法とは、「腎機能・・・