腎臓病 症状と食事治療ナビのTOPに戻る

スポンサードリンク

腎性貧血〜腎臓病の治療

腎臓病の治療法の1つである「透析療法」は、腎臓機能の低下を機械的に補うという治療法ですが、腎臓を元に戻すことが出来る訳ではありません。つまり、根本療法ではなく「対症療法」と言える治療法なのです。その為、透析療法を行なう期間に目安はなく、多くの場合において非常に長期に渡って治療が必要となるため、幾つかの合併症を伴うことが多々あります。

透析療法において現れる合併症には幾つかありますが、主な合併症は「貧血」「不均衡症候群」「腎性骨症」「動脈硬化症」「透析アミロイドーシス」の5つです。

これらの透析療法の合併症に関しては、症状の抑制が難しいものが多いのですが、貧血と不均衡症候群の場合は、抑制技術の進歩により、かなりの改善が望めるようになりました。
例えば、貧血に関しては医薬品の発達により大部分が抑制可能で、不均衡症候群の場合は、透析療法の機能を少し低減させることにより抑えることが可能です。

腎臓病治療の「透析療法」を行なうことにより罹る貧血は、「腎性貧血」と言われており、腎臓で生成・分泌する「エリストポエチン」というホルモンの欠乏が要因となります。
このホルモンは、骨髄に作用し、血液を生成させる機能を促すという大切な役割がありますが、透析療法を長期に渡り行なうことにより不足するのです。

ですが現在、「エリストポエチン」そのものが医薬品として活用されるようになったため、透析療法の合併症である「腎性貧血」に関しては、ほぼ心配が無くなったと言っても良いでしょう。
関連コンテンツ

腎臓移植について

腎臓移植は、慢性腎不全を完治させる唯一の腎臓病治療とも言われています。 腎臓移植を行なう際には、「ドナー(腎臓提供する者)」と「レシピエント(腎臓提供を受ける者)」の、「血液型適合性」と「組織適合性・・・

腎移植について

近ごろでは、人工腎臓の一種である「血液透析」を行なうことで、腎不全などの重度な腎臓病の場合でも、通常の生活スタイルが可能となり、仕事復帰も夢では無いと言われています。しかし血液透析は、本物の腎臓機能に・・・

人工腎臓〜腎臓病の治療

腎臓の働きとして、「体内の水分量と成分の調整と維持」「老廃物・代謝物・薬物の排泄機能」「ホルモン(エリトロポエチン)の分泌」などが挙げられます。これら機能をフルに活用して、「尿の生成」「赤血球を生成す・・・

透析療法と合併症

腎不全とは、腎臓機能が極度に低下した腎臓病を言い、急性の症状を「急性腎不全」、慢性の症状を「慢性腎不全」と呼びます。 腎不全では、急性・慢性問わずに「透析療法」が必要となり、急性腎不全は「利尿期」と・・・

透析患者の生活〜腎臓病の治療

現在、「慢性腎不全」や「尿毒症」に有効な治療法とされる「人工透析治療」は、昔と比べて遥かに進化してきており、正しい管理のもとに行なう事により、極めて通常に近い生活を送る事が可能となりました。 例・・・

腎臓移植〜腎臓病の治療

人工透析治療も進化しており、正しい管理にて継続する事で、正常な人達に近い生活が可能となってきました。ですが、腎臓病を完治させる根本療法ではなく、あくまで症状の悪化を防ぐ為の対症療法である為、やはり治療・・・

透析療法〜腎臓病の治療

末期の慢性腎不全と呼ばれる腎臓病に「尿毒症」があります。 慢性腎不全ですら重大腎臓病なのですから、尿毒症ともなると腎機能の著しい悪化により、身体の毒素が各臓器にまで行き渡る様になります。この様な状態・・・

慢性腎不全の治療

「慢性腎不全」とは、腎臓機能が通常の50%以下にまで低下した状態を言います。 腎臓病の中でも、かなり重症とも言える慢性腎不全は、主に3つの治療法を実践して改善を目指します。3つの治療法とは、「腎機能・・・