腎臓病 症状と食事治療ナビのTOPに戻る

腎臓病の食事療法

腎臓病を患っている人達に必要となる「食事療法」は、主に「タンパク質」「塩分」「エネルギー」の制限や調整と言われています。もちろん、食事療法のみで腎臓病を改善させる事は困難ですが、腎臓を労わる事により、・・・
腎臓病には様々な種類がありますが、「慢性腎不全」と「ネフローゼ症候群」に罹ると、「低たんぱく食」を求められる生活が必要です。 低たんぱく食とは、たんぱく質の摂取制限を行なう「食事療法」を言い、必・・・
慢性的な腎不全である「慢性腎不全」は、腎臓機能が通常の人の50%以下にまで衰えた状態であり、透析治療はもちろんの事、食事療法も同時に実践して、症状の悪化スピードを少しでも抑える努力をしなければなりませ・・・
どの様な腎臓病であっても、更なる腎臓機能の悪化を抑え、病状の進行やスピードを抑制させる為には、「食事療法」が必要不可欠となります。食事療法を疎かにすると、幾ら他の腎臓治療を行なっても効果が半減してしま・・・

カテゴリー「腎臓病の食事療法」のトップへ↑