腎臓病 症状と食事治療ナビのTOPに戻る

スポンサードリンク

家庭透析〜腎臓病の治療

腎不全とは、腎臓病が進行することにより、腎臓機能が著しく悪化した状態を言います。
腎不全には、ある日突然に尿量が減る「乏尿」や、尿が出なくなる「無尿」といった症状が現れる「急性腎不全」と、通常の人の50%以下まで腎臓機能が低下する「慢性腎不全」があります。

中でも怖いのは、慢性腎不全のほうで、現在において完治させることは不可能であると言われている腎臓病で、かなり症状が悪化した状態では「透析療法」が必要となります。

透析療法では、1回5時間、週2〜3回もの治療が必要となり、腎臓を完治させる手段ではなく、人工腎臓により血液の濾過を行なうというものです。確かに「腎臓移植」を行なって上手く行けば透析療法から開放される場合もありますが、基本的には一生涯において治療を続けなければなりません。

このように、非常に身体に負担となる透析療法は、健康な人と同じレベルの生活が送れると言われている反面、日常生活の負担は大きいのが現状です。
透析療法を受ける人達の中には、苦痛を感じて命を絶つという選択をする人までおります。

ですが、社会復帰を実現している人もいない訳ではありません。
特に、透析療法の中でも「持続的家庭腹膜透析」や「夜間透析」を行なっている人達は、社会復帰が可能となる傾向が強いのです。通常の透析療法を「家庭透析」に変更すると、2〜4週間に1回くらいの治療で賄える為、時間的にも余裕ができて社会復帰が実現できる可能性が高くなります。
関連コンテンツ

腎性骨症〜腎臓病の症状

腎臓病を患い透析治療を続けていると、骨に関する合併症が発生する場合があります。 主な要因は、「排泄機能障害によるリン過剰」と「代謝機能障害による活性型ビタミンDの不足」があります。 これらは、腎臓・・・