腎臓病 症状と食事治療ナビのTOPに戻る

スポンサードリンク

腎性骨症〜腎臓病の症状

腎臓病を患い透析治療を続けていると、骨に関する合併症が発生する場合があります。
主な要因は、「排泄機能障害によるリン過剰」と「代謝機能障害による活性型ビタミンDの不足」があります。
これらは、腎臓機能の悪化による「腎性骨症」や、「骨軟化症」「骨痛」「骨折(病的なもの)」
といった症状を引き起こします。


■カルシウムとリンのバランスは、1対2〜2対1の間が理想で、このバランスが崩れると、リン過剰となります。すると、それに伴い「副甲状腺ホルモン」も過剰となり、それにより骨が上手く生成されないという症状が発生します。
リン過剰摂取は、「骨粗鬆症」の要因にもなり、透析治療期間は更に懸念する必要があるので、加工食品を取り過ぎない食生活を送る必要があります。

■ビタミンDは骨の生成を促進するビタミンとして知られ、骨へのカルシウムの沈着をサポートすると言うことから、骨を労わり骨粗鬆症にも良いとして、健康食品にも配合されている成分です。
食べ物では、「かつお」「まぐろ」「いわし」「レバー」などに多いことが知られていますが、これらビタミンDは、「活性型ビタミンD」に変化することにより、その機能を充分に生かすことが出来るようになるのです。
通常のビタミンDが活性型ビタミンDに変化する為には、腎臓の代謝能力が不可欠なので、腎臓病を患い、腎臓機能が低下してしまうと、活性型ビタミンDが足りなくなってしまうのです。すると、栄養分が骨に沈着しづらくなり、骨病変へと至るのです。
関連コンテンツ

家庭透析〜腎臓病の治療

腎不全とは、腎臓病が進行することにより、腎臓機能が著しく悪化した状態を言います。 腎不全には、ある日突然に尿量が減る「乏尿」や、尿が出なくなる「無尿」といった症状が現れる「急性腎不全」と、通常の人の・・・