血糖値を下げる方法 体の不具合を防ぐ! のTOPに戻る

スポンサードリンク

ペットボトル症候群とは?

最近の糖尿病患者に若者が増えているのには、大きな原因があります。それがスポーツ飲料などの飲みすぎによるものです。

それはペットボトル症候群(清涼飲料水ケトーシス)と言われているものです。最近の若い人たちは必ずといっていいほどペットボトルを持ち歩いていますし、この中身は、清涼飲料水やスポーツ飲料の人も多いでしょう。

スポーツ飲料や清涼飲料水は、甘すぎず、喉の渇きを手軽に潤すことができますし、炭酸飲料と違い、ガブ飲みができます。

このようなことを毎日繰り返していると、急性糖尿病になってしまい、これは重度な糖尿病で、昏睡状態になってしまうこともあります。
もし、ペットボトルの中身がお茶や水ならば、こんなことにならずにすむでしょうが、清涼飲料水やスポーツ飲料を毎日、多量に飲み続けることで病気になるなんてことを知らない若者はたくさんいます。

もし水分の取り過ぎで、体がだるいと感じるようなことがあれば、それは、血糖値が上がっている合図といえるでしょう。
このような生活習慣で上がってしまった血糖値を下げるのは、容易なことじゃないということと、ペットボトル症候群という恐ろしい病気があることを多くの若者に知ってもらいたいと思います。

関連コンテンツ

高血糖が原因の病気

高血糖になってしまうと、高脂血症や高血圧症になる可能性が高くなり、メタボの人は、高血圧にもなりやすいのです。 高血圧とは、心筋梗塞や脳卒中、動脈硬化などになってしまうことがあります。この高血圧は・・・

高血糖・低血糖による病気

高血糖の時に疑われる病気は、糖尿病の他にもあります。 ホルモン分泌の異常による病気のクッシング症候群や甲状腺機能亢進症は、どちらも糖尿病の症状に似たような症状もあり、高血糖により同じような症状もでる・・・