血糖値を下げる方法 体の不具合を防ぐ! のTOPに戻る

スポンサードリンク

夏バテと血糖値の関係

夏バテ時期も血糖値に注意が必要で、これはペットボトル症候群と関係してくるのです。

毎年夏バテになる人は、それなりの対策をとっていると思いますが、夏バテになりにくい人が夏バテになった時は特に怖いのです。

夏バテとは、夏の暑さで食欲がなくなったり、睡眠不足で体がだるかったりととにかく体調が崩れていくことです。
これになると、食欲がなく喉ごしのいいあっさりした食事ばかりになったり、ほとんど食事をとれなくなる方もいるでしょう。

暑いからといって、水分を取り過ぎることでさらに体調が悪くなり、この水分の取り方や水分の中身で低血糖にも高血糖にもなるのです。

暑い時は普段より食事量が減っていて、発汗量が逆に増えていますので、ある程度のブドウ糖が含まれた水分を摂取するならば大丈夫でしょう。しかしこれを水の代わりとして飲んでしまったら高血糖になっていまいますし、逆に食事で摂取する栄養価が少なくなって、エネルギーが足りない状態で水ばかり飲んでいたら低血糖になってしまうのです。

ですから、毎年夏バテになってしまう人は、常にこの夏バテ時期の血糖値のコントロールを心がけて、血糖値が上がってしまったら下げるようにしてください。

関連コンテンツ

血糖値とたばこの関係

血糖値が気になる人にとっては、お酒はよいものではないのは確かです。血糖値が正常で、健康体の人でもお酒の飲み過ぎで病気になってしまうことがあるので、自分は健康だから大丈夫と思ってはいけません。 勝手に・・・

血糖値とお酒の関係

今回は飲酒と喫煙と血糖値の関係をみてみましょう。 お酒は高カロリーのものもたくさんあるので、血糖値を上げる場合があります。たとえ低カロリーのお酒であっても、おつまみやラーメンを食べたることで、血・・・

メタボと血糖値について

メタボ(メタボリックシンドローム=内臓脂肪症候群)の人は、一番高血糖になりやすく、糖尿病になりやすのではないでしょうか。 【メタボとは】 ・男性で、ウエストサイズ:85センチ以上、女性で90セ・・・