血糖値を下げる方法 体の不具合を防ぐ! のTOPに戻る

スポンサードリンク

GI値 食品別の血糖値の上昇の度合2

芋類には、GI値が高めのものが多くあります。

さつまいもやじゃがいもは、太りやすいイメージもあって、芋類と言うのはお腹に溜まりますし、カレーも具材によって、GI値が全く違い、様々な番組で、太らないカレーのレシピが紹介されています。

豆腐は、ヘルシーだと思いがちですが、木綿豆腐は意外とGI値があり、この木綿豆腐よりもみかんやリンゴ、納豆の方がGI値が低くく、決して、甘いからといってGI値が高い訳ではないのです。

低インシュリンダイエットとは、普段の食事を減らさずに、低GI値の食材でダイエットするというものです。
高血糖を防ぎ、血糖値のコントロールをすることになりますので、高血糖や糖尿病の人の食事療法と同じものかもしれませんね。

こんにゃくやきのこ類は、GI値が低めで、海藻類などは、ほとんどないくらいGI値が低いので、味噌汁などに使用するのも良いですね。

そして、調味料も要注意が必要で、意外とコショウのGI値がとても高く、せっかくGI値の低い食材を使用したとしても、コショウでGI値が上がってしまいます。

またこの他に、マヨネーズよりも、ケチャップや味噌の方がGI値が高いのですよ。

ですから、GI値とカロリーは、全くの別物であり、血糖値をコントロールするには、調味料一つ一つのGI値を把握することも必要です。

最近では、通販で、低GI値の食材を購入できますから、これらも上手に利用してみましょう。

関連コンテンツ

GI値 食品別の血糖値の上昇の度合3

フルーツのGI値というのは様々で、高めのものもあり、またこのフルーツを絞ってジュースにすると繊維が壊れてしまい、血糖値が上がりやすくなりますので、フルーツは、絞らないで、そのまま食べるのがいいでしょう・・・

GI値 食品別の血糖値の上昇の度合1

食材には、血糖値を上がりやすいものと上がりにくいものがあり、血糖値の上昇の度合はをGI値というもので表すのです。 このGI値の高いもの、低いものを知っているととても便利ですよね。 このGI・・・