血糖値を下げる方法 体の不具合を防ぐ! のTOPに戻る

スポンサードリンク

GI値 食品別の血糖値の上昇の度合3

フルーツのGI値というのは様々で、高めのものもあり、またこのフルーツを絞ってジュースにすると繊維が壊れてしまい、血糖値が上がりやすくなりますので、フルーツは、絞らないで、そのまま食べるのがいいでしょう。

普段の食事で、低GI値の食品ばかりを食べていると逆にエネルギーが足りなくなってしまうので、GI値の高めの食材と低めの食材をうまく組み合わせて取り入れることです。

また、豆類などは、血糖値にほとんど影響を与えないので、気軽に取り入れてよいと思いますし、食材を調理するときにレモン汁やお酢を使用することによって、GI値を下げることできるのです。

ですから、魚や肉を食べる時には、このレモン汁やお酢を使用することをお勧めしますが、これらの料理に使用したくない場合は、サラダにレモン汁をかけたり、お酢を使った和えものと一緒に食べるのもいいですね。

たとえ、食物繊維が豊富であったとしてもGI値の高い野菜では、下げることができません。ですからGI値が低くくて、食物繊維が豊富な野菜を組み合わせるといいですし、その一つにほうれん草があるのです。

このほうれん草は、調理方法によって、GI値が上がってしまうこともありますから、サラダやお浸しに取り入れるとよいでしょう。またごぼうも食物繊維が豊富なのですが、ほうれん草と比べるとGi値は高いのですが、多少は、GI値を下げる効果があると思います。

関連コンテンツ

GI値 食品別の血糖値の上昇の度合2

芋類には、GI値が高めのものが多くあります。 さつまいもやじゃがいもは、太りやすいイメージもあって、芋類と言うのはお腹に溜まりますし、カレーも具材によって、GI値が全く違い、様々な番組で、太らな・・・

GI値 食品別の血糖値の上昇の度合1

食材には、血糖値を上がりやすいものと上がりにくいものがあり、血糖値の上昇の度合はをGI値というもので表すのです。 このGI値の高いもの、低いものを知っているととても便利ですよね。 このGI・・・