スポンサードリンク

心筋梗塞心筋梗塞は、発症した方の3割が死に至る恐ろしい病気です。
心筋梗塞を起こしてから病院にも間に合わず、2時間以内に死亡ケースも多いのです。
正しい知識を身につけて予防し、定期健診を受けるよう心がけましょう。

 ■心筋梗塞の基礎知識

心筋梗塞■心筋梗塞を予防するには?
まずは心筋梗塞の正しい知識を持つことです。 そして生活習慣を見直し、正しい食生活や十分な睡眠、定期的な運動を行なうなどによって予防できます。

心筋梗塞■心筋梗塞の原因の例
心筋梗塞の原因の一つは喫煙です。タバコの煙に含まれる活性酸素が障害を引き起こします。
また最近話題となっているメタボリックシンドロームの場合、心筋梗塞は通常の3倍の発症率があるとされています。肥満を放置しておくのは危険だとも考えられるのです。

心筋梗塞■心筋梗塞予防の食事
心筋梗塞へ至る動脈硬化は、主に高血圧によりもたらされます。食生活は、ごはん、魚、大豆製品、野菜、海藻といった日本で昔からある健康的な食材を、バランス良く食べることが重要です。また塩分の過剰摂取には注意が必要です。

心筋梗塞■心筋梗塞と動脈硬化の関係
心筋梗塞は動脈硬化によって引き起こされるケースが多いのです。 心臓に酸素と栄養を運ぶ冠動脈の内側が、動脈硬化によって狭まると血流が悪化します。
その状態が進行すると、血管が塞がって血流がとまるため、心臓発作がおこります。それが心筋梗塞なのです。