心筋梗塞の症状・原因・治療ナビのTOPに戻る
「心筋梗塞の症状・原因・治療ナビ」トップ > 心筋梗塞の原因と基礎知識

心筋梗塞の原因と基礎知識

 心筋梗塞の必要最小限の検査は、心電図や血液検査などによる数値データなどに基づき、心筋梗塞や狭心症の可能性を判断することになります。まだ心臓CT検査や心臓MRI検査といった最新鋭の検査方法を用いること・・・
心筋梗塞の自覚症状はいくつか確認されています。ただし自覚症状がない場合もありますから、注意が必要です。 心筋梗塞の初期の自覚症状としては、胸がしめつけられるような感覚が生じる場合が多く見受けられ・・・
心筋梗塞はデータ上、男性の発症率は女性よりも高い事がわかっています。男性はより注意が必要ということになります。 心筋梗塞の発病の原因として肥満も警戒されており、体脂肪が蓄積した状況は心筋梗塞を誘・・・
心筋梗塞が発病する原因の一つに喫煙があり、タバコの煙に含まれる活性酸素が血管内皮細胞を刺激し、数々の障害を引き起こしてしまいます。心筋梗塞の発病原因は高血圧から来る動脈硬化を発症してしまうケースが多く・・・
心筋梗塞の発症原因は、動脈の内側が徐々に膨らみ隆起物を生じ、その隆起物が時間の経過と共に血流を悪化させるほど大きくなってしまうケースが多く確認されます。また隆起物が突然破れて、血管内で出血した血液が固・・・
心筋梗塞は死亡率の高い疾病であり、約1割は1年以内に死亡する恐ろしい病気です。 心筋梗塞や狭心症などの心疾患は全死因の第2位にあたり、平成12年(2000年)の統計では心疾患による死亡数は、全死因の・・・
心筋梗塞は、日本では年間に15万人の発症数を数え、男性は60歳代前半、女性なら70歳代に最も増加する事が統計上明らかになっています。 心筋梗塞を発症した人の3割から4割は死に至ります。高い致死率・・・

カテゴリー「心筋梗塞の原因と基礎知識」のトップへ↑