心筋梗塞の症状・原因・治療ナビのTOPに戻る

スポンサードリンク

心筋梗塞発症時の対応処置1

心筋梗塞は発作や自覚症状などがあらわれた時の対応が、生死を分ける事がある病気です。常日頃からいざという時の対応策を準備しておくことがとても重要になります。たとえば突然、胸に痛みが生じたら、すぐにでも救急車を呼ぶことです。

心筋梗塞の発症で死亡する人は、症状が出てから1時間以内に集中しており、死亡者の半数以上にのぼります。救急車が到着するまでの所要時間は全国平均で5〜6分といわれていますが、素早い治療が生死を分け、心筋梗塞発症後から病院に到着するまでの対応が運命を左右するといっても過言ではありません。


心筋梗塞などで呼吸が停止した場合は、数分後には心臓も停止してしまいます。したがってすぐに心肺蘇生を開始することが緊急となります。心筋梗塞で心停止状態に陥った場合、心肺蘇生を始めるまでの時間が1分以内の場合は蘇生率が97%もあります。しかし5分経過すると25%まで落ち込んでしまいます。

つまり早い段階に始めるほど蘇生率は高まることになります。心筋梗塞の発症から心停止状態になった場合は、救急車が到着するのをただ待つだけでなく、それまでの間に心肺蘇生を行うことができれば生存する可能性は格段に高まります。

高血圧や心臓病などの持病を持つ人が家族にいる場合は、いざという時のためにも心肺蘇生法をマスターしておくことが重要です。
関連コンテンツ

心筋梗塞の治療について2

現在の心筋梗塞の治療においては、カテーテル的治療の優位性が高まっており、期待も強まっています。心筋梗塞の治療法には、主にカテーテル的治療と血栓溶解療法がありますが、動脈を通じて行うために合併症発症の可・・・

心筋梗塞の治療について1

日本はカテーテル的治療が可能な施設を導入している病院が多く、緊急時にはカテーテル的処置を施す場合が多くなっています。カテーテル的治療と血栓溶解療法の二つが心筋梗塞の治療の主流となっています。 心・・・

心筋梗塞発症時の対応処置3

心筋梗塞は病院到着後、できれば20分以内に速やかに診断され、初期治療が開始されることが生死を分けるといって過言ではありません。 外来受診の場合は診察までの経過時間は病院により異なりますから、緊急・・・

心筋梗塞発症時の対応処置2

心筋梗塞の発作や自覚症状は、胸部中央から左前胸部や上腹部、左上肢やあご、後頭部に痛みが出ることがあります。 同時に睡眠中や安静時に心筋梗塞の発作が起きたり、冷汗や嘔吐を併発する場合が心筋梗塞の患者の・・・