心筋梗塞の症状・原因・治療ナビのTOPに戻る

スポンサードリンク

心筋梗塞の治療について1

日本はカテーテル的治療が可能な施設を導入している病院が多く、緊急時にはカテーテル的処置を施す場合が多くなっています。カテーテル的治療と血栓溶解療法の二つが心筋梗塞の治療の主流となっています。

心筋梗塞の治療において、急性期ではまず絶対安静が前提となります。心筋梗塞は心筋に対する酸素供給不足が要因となり、安静を保ち酸素吸入を行うことになります。また体の酸素消費を低下させる目的からモルヒネを投与し、同時に心筋梗塞の痛みを緩和させるケースもあります。

心筋梗塞により活動が低下した心筋の内側は、心臓内の血液粘度が高まるために内壁に付着する危険性が高まります。血液凝固で出来たかたまりは血管をつまらせますが、それを防ぐための処置も必要となります。

急性期には心筋梗塞の症状が広がらないようにする事も重要であり、アスピリン内服、酸素吸入、モルヒネ、硝酸薬などを投与することで病状悪化を防ぎます。また心筋梗塞発症から6時間以内は、心筋の壊死範囲を狭めることを目的とする冠動脈の再灌流療法を行い、閉塞部分を減らしていきます。

発症後24時間経過した場合も、再灌流療法は行われます。心筋梗塞の治療は医師の判断により個々のケースで分類され、個人の希望や加入している保険などを総合的に判断し、医師が治療方針を決定します。同時に心筋梗塞と関連の深い疾病・高血圧についても考慮され、そして最終的な治療方針が選択されることになります。
関連コンテンツ

心筋梗塞の治療について2

現在の心筋梗塞の治療においては、カテーテル的治療の優位性が高まっており、期待も強まっています。心筋梗塞の治療法には、主にカテーテル的治療と血栓溶解療法がありますが、動脈を通じて行うために合併症発症の可・・・

心筋梗塞発症時の対応処置3

心筋梗塞は病院到着後、できれば20分以内に速やかに診断され、初期治療が開始されることが生死を分けるといって過言ではありません。 外来受診の場合は診察までの経過時間は病院により異なりますから、緊急・・・

心筋梗塞発症時の対応処置2

心筋梗塞の発作や自覚症状は、胸部中央から左前胸部や上腹部、左上肢やあご、後頭部に痛みが出ることがあります。 同時に睡眠中や安静時に心筋梗塞の発作が起きたり、冷汗や嘔吐を併発する場合が心筋梗塞の患者の・・・

心筋梗塞発症時の対応処置1

心筋梗塞は発作や自覚症状などがあらわれた時の対応が、生死を分ける事がある病気です。常日頃からいざという時の対応策を準備しておくことがとても重要になります。たとえば突然、胸に痛みが生じたら、すぐにでも救・・・