心筋梗塞の症状・原因・治療ナビのTOPに戻る

スポンサードリンク

心筋梗塞と食事

心筋梗塞へ至る動脈硬化は、主に高血圧によりもたらされます。日常の食生活において、ごはん、魚、大豆製品、野菜、海藻といった日本で古来より伝わる多種多様な食材をバランス良く摂取することが重要です。同時に高血圧の予防、すなわち心筋梗塞の予防として、塩分の摂取過多には十分な注意が必要です。

心筋梗塞、動脈硬化、高血圧を防ぐ上で食物繊維を十分に摂取することが重要です。根菜やきのこなどに多く含まれますが、コレステロールを吸着し、体外に排出してくれる不溶性食物繊維も十分に摂取したい成分です。

海藻やこんにゃく、果物などに豊富に含まれる水溶性食物繊維は、コレステロールや中性脂肪の合成を防ぎ、腸管での糖質吸収を抑える機能も持つ健康的な食材です。また抗酸化物質であるビタミンCやE、ベータカロチン、ポリフェノールなどはコレステロールの悪玉化を防ぐ作用があります。そしてこれらを意識的に摂取することが、心筋梗塞の予防に効果的を発揮します。

ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12などの栄養素は、心筋梗塞などの虚血性心臓病の危険性を低下させるという研究結果も発表されています。これらの栄養素は、活性酸素の活性化に関与し動脈硬化発症にも影響を与える、血液中のホモステインの産生を抑える機能を持っています。

またミネラルは体内のバランスを調整し高血圧を防ぐ作用や、心筋、平滑筋の収縮や刺激伝導系の効率的な調節に作用します。心筋梗塞の予防と再発防止には食生活が強い係わりを持っています。医師や栄養士などにも相談し、効果的な食事を心がけることです。
関連コンテンツ

心筋梗塞と喫煙・飲酒の関係

赤ワインは高酸化作用を持ち、含有されるポリフェノールや、アルコールの主体であるエタノールは、心筋梗塞を予防に適した成分であるといわれています。エタノールは善玉コレステロールを増やしたり血液凝固を防止す・・・

心筋梗塞の予防と運動

心筋梗塞を予防する上で、生活習慣の改善は不可欠です。減塩などの食生活の改善と同時に、適度な運動を意識的に行うことも重要です。歩行、速歩、自転車といった軽い全身運動が効果的であり、医師にも相談して適度な・・・

心筋梗塞とストレスの関係

アメリカでは心筋梗塞などの虚血性心疾患の調査研究のひとつとして、行動パターンや性格の関係を「A型」と「B型」に分類しています。そしてその調査結果によると、心筋梗塞などを発症する割合は、「A型」は「B型・・・

心筋梗塞と生活習慣病

発表されている心筋梗塞などの発症率のデーターでは、糖尿病・高血圧症・高脂血症の3つを併発したケースで発症率は11.8%、高血圧症と高脂血症では10.6%、高血圧症と糖尿病は9.9%となっています。心筋・・・