心筋梗塞の症状・原因・治療ナビのTOPに戻る

スポンサードリンク

心筋梗塞と動脈硬化の関係

動脈硬化は動脈が厚くなり、柔軟性もなく硬くなった状態であり疾患です。まず動脈硬化により心筋梗塞を発症する過程を理解することが重要であり、心筋梗塞の症状改善に役立たせることになります。

冠動脈は心臓の筋肉に酸素と栄養を運ぶ血管ですが、冠動脈の内側が動脈硬化によって狭まると血流が悪くなります。そして心筋が酸欠状態となってしまいます。そしてその状態が進行すると、血管が塞がり血流が留まることになります。そうなると心筋の組織が壊死し激しい心臓発作がおこりますが、それが心筋梗塞となります。

心筋梗塞の多くは血管の内壁面にコレステロールが蓄積することにより、冠動脈に動脈硬化を起こし発症に至ります。冠動脈の硬化は急性におこる疾病ではなく、高脂血症、高血圧、糖尿病といった疾患や、喫煙、運動不足といった生活習慣、その他にタイプA性格や家族歴、高齢危険因子などが複雑に作用しながら、徐々に進行して発症するものです。

冠動脈硬化が進行すると、激しい運動をした後や寒暖差が激しい場所にいる時、ストレスなどで怒りの感情が高ぶった時などに心臓に大きな負担がかかり、心筋梗塞の発作が起こりやすくなりますから注意が必要です。

動脈硬化とは通常はアテローム性動脈硬化を指します。高脂血症や糖尿病、高血圧に喫煙などの危険因子はアテローム動脈硬化症の発症を促進し、脳梗塞や心筋梗塞の原因となることは科学的に立証されています。
関連コンテンツ

心筋梗塞の合併症に注意

心筋梗塞による急性期の死亡例の多くは、発症後の「不整脈」に原因があるとされています。心筋梗塞発症後24時間以内に不整脈が発生し、心筋梗塞の死因のトップとなっています。 不整脈の中でも、「期外収縮・・・

心筋梗塞と虚血性心疾患

虚血性心疾患は心筋梗塞と狭心症が主な疾病ですが、いずれも高血圧が発症の最大危険因子であり、死に至る可能性もある危険な疾患です。虚血性心疾患(きょけつせいしんしっかん)は、心臓に障害が起こる疾患の総称で・・・

心筋梗塞と高血圧について

動脈硬化の原因である高血圧は、冠動脈に動脈硬化が発生することにより血管の内側を狭めてしまいます。また高血圧は心臓に負荷をかけてダメージを与え、血液を送り出す役割を持つ左室の筋肉の壁が厚くなる左室肥大を・・・