心筋梗塞の症状・原因・治療ナビのTOPに戻る

スポンサードリンク

心筋梗塞と虚血性心疾患

虚血性心疾患は心筋梗塞と狭心症が主な疾病ですが、いずれも高血圧が発症の最大危険因子であり、死に至る可能性もある危険な疾患です。虚血性心疾患(きょけつせいしんしっかん)は、心臓に障害が起こる疾患の総称ですが、高血圧から発症に至るケースが多い動脈硬化により、冠動脈の閉塞や狭窄などに生じる心筋への血流悪化が原因となります。

動脈硬化や血栓などにより心臓の血管が細くなってしまうと血流が悪くなります。そうなると心臓が必要とする酸素や栄養物質が円滑に運ばれず、徐々に危険な状態となっていきます。

また心臓の筋肉が急激な運動や強いストレスにより、一時的な血液(酸素、栄養)の欠乏を起たす場合もあります。この場合は胸や背中に痛みや圧迫感を感じますが、これは虚血性心疾患の代表的な症状といえます。

狭心症と心筋梗塞は類似点も多くありますが、異なる病気です。もしもの場合に役立ちますから、その違いを認識しておきたいものです。

発作の持続時間ですが、狭心症は1〜5分程度で長くても15分以内が通常です。しかし心筋梗塞の場合には15分以上場合が多く、中には数時間続くケースもあります。
また胸の痛みですが、狭心症の場合は締め付けられるような急激な重苦しさと、圧迫感のある痛みを伴うのが特徴です。一方心筋梗塞の場合は、激しい痛みが発生するのが特徴であり、不安感や重症感を伴う、締め付けられるような痛みです。

また心臓病の治療に多く用いられるニトログリセリンは、狭心症には効果を発揮します。しかし心筋梗塞には効果が確認されません。
関連コンテンツ

心筋梗塞の合併症に注意

心筋梗塞による急性期の死亡例の多くは、発症後の「不整脈」に原因があるとされています。心筋梗塞発症後24時間以内に不整脈が発生し、心筋梗塞の死因のトップとなっています。 不整脈の中でも、「期外収縮・・・

心筋梗塞と動脈硬化の関係

動脈硬化は動脈が厚くなり、柔軟性もなく硬くなった状態であり疾患です。まず動脈硬化により心筋梗塞を発症する過程を理解することが重要であり、心筋梗塞の症状改善に役立たせることになります。 冠動脈は心・・・

心筋梗塞と高血圧について

動脈硬化の原因である高血圧は、冠動脈に動脈硬化が発生することにより血管の内側を狭めてしまいます。また高血圧は心臓に負荷をかけてダメージを与え、血液を送り出す役割を持つ左室の筋肉の壁が厚くなる左室肥大を・・・