心筋梗塞の症状・原因・治療ナビのTOPに戻る

スポンサードリンク

心筋梗塞の合併症に注意

心筋梗塞による急性期の死亡例の多くは、発症後の「不整脈」に原因があるとされています。心筋梗塞発症後24時間以内に不整脈が発生し、心筋梗塞の死因のトップとなっています。

不整脈の中でも、「期外収縮」を起こすケースが頻発しています。「期外収縮」は通常よりも心臓に早いタイミングで電気が通じてしまい、心臓の動きが不規則になってしまう症状です。

心筋梗塞の発症による合併症は、心筋梗塞を発生後の時間や狭窄が生じた冠動脈の場所で分類されています。

 「心破裂」は心筋が壊死を起こし、心臓の血圧によって外壁が破裂する症状があらわれ、即死となる場合が多く見られます。生命を脅かす非常に危険な病気となっています。
 
「房室ブロック」は右冠動脈梗塞の結果伝導経路に何らかの障害が発生することにより発症し、「乳頭筋断裂」は心筋梗塞の発症数日後に起こしやすく、心不全の原因になる可能性の強い疾患であり、多くは右冠動脈梗塞の下壁梗塞で確認されます。

「心室細動」は発症後数時間以内に生じる場合が多く、心筋梗塞において大変危険性の高い合併症であり、主に左冠動脈梗塞のとりわけ前壁梗塞で確認されます。
「心室瘤」は心尖部に多く発症し、左冠動脈前下降枝梗塞が原因とされ、「心筋梗塞後症候群」は心筋梗塞発症数週間後に発症し、通常は自己免疫性心外膜炎を指します。

心筋梗塞は高血圧が元凶となるケースが圧倒的に多く、高血圧の克服が治療上重要な事柄となりますから、日頃から血圧を正常に保つような配慮が重要となります。
関連コンテンツ

心筋梗塞と虚血性心疾患

虚血性心疾患は心筋梗塞と狭心症が主な疾病ですが、いずれも高血圧が発症の最大危険因子であり、死に至る可能性もある危険な疾患です。虚血性心疾患(きょけつせいしんしっかん)は、心臓に障害が起こる疾患の総称で・・・

心筋梗塞と動脈硬化の関係

動脈硬化は動脈が厚くなり、柔軟性もなく硬くなった状態であり疾患です。まず動脈硬化により心筋梗塞を発症する過程を理解することが重要であり、心筋梗塞の症状改善に役立たせることになります。 冠動脈は心・・・

心筋梗塞と高血圧について

動脈硬化の原因である高血圧は、冠動脈に動脈硬化が発生することにより血管の内側を狭めてしまいます。また高血圧は心臓に負荷をかけてダメージを与え、血液を送り出す役割を持つ左室の筋肉の壁が厚くなる左室肥大を・・・