心筋梗塞の症状・原因・治療ナビのTOPに戻る

スポンサードリンク

心筋梗塞と医療施設について

急性心筋梗塞の治療方法として、ハイテク技術による治療方法である心臓カテーテル手術とバイバス手術があります。これは費用や労力、人的にも非常に大きなコストを必要とする治療となります。

現実には心筋梗塞の治療にはハイテク技術のみではなく、いくつかの効果的な治療方法が存在し、実践されています。具体的には血栓溶解剤、アスピリン、ベータブロッカー、ACEインヒビター 等の薬事療法ですが、これら薬事療法はハイテクに対してローテクともいわれ、費用を安く抑えることができます。そして手術をするわけでもありませんから、労力的にも負担が少ない治療法といえます。

統計上の心筋梗塞の患者情報としては、心筋梗塞発症の7日間以内に心臓カテーテル手術を実施した場合の死亡率は、30日以内、90日以内、1年以内では、アメリカ、日本ともに生命の危険性を減らすことに成功している点が判明しています。反面アメリカでは、心筋梗塞の再発に関する統計上の判断として、ハイテク医療の有効性は薄いとする統計結果となっています。

総合的に判断すると、薬事治療は、心筋梗塞再発を抑える上で有効な手段であると考えられます。医療施設の最新設備の状況を認識することはポイントとなりますが、病院の選択は総合的に判断して選ぶことが重要となります。
関連コンテンツ

心筋梗塞と医療保険

現在の医療保険では、心臓病は急性心筋梗塞に限定される場合が圧倒的に多く、高血圧や動脈硬化は適用外になります。医療保険が定義する三大疾病は、がん・急性心筋梗塞・脳溢血の3つとなっていますが、心臓病全般と・・・

心筋梗塞の予防について

心筋梗塞の予防には、危険因子を特定し適切な対処を施すことが重要になります。心筋梗塞は危険要因が複合的に絡むことで発症に至る疾病であり、複数の観点から予防に留意することが大切です。 高血圧は心筋梗・・・

心筋梗塞の診断について

心筋梗塞を発症した場合、胸痛や息切れ、疲労感に頻繁に襲われることが多く、3人に2人はこれらの症状に悩まされます。心筋梗塞の発作の特徴的な症状としては、胸の中央から背中、あご、左腕にかけての痛みがあげら・・・

心筋梗塞と健康診断

健康診断は、自身の健康状態を正確に把握する上でも重要であり、最低でも年に1度は受診することが重要です。 健康診断は問診や血液検査、胸部X線検査などから構成されますが、最近では生活習慣病関連の診断・・・