心筋梗塞の症状・原因・治療ナビのTOPに戻る

スポンサードリンク

心筋梗塞の家庭内看護について

心筋梗塞後のリハビリは、専門のリハビリ病院で行う場合と自宅で行う場合があります。その判断は主治医と患者や家族との相談内容にもよりますが、いずれにせよ退院後にはスムースで合理的な対策を取ることが重要です。


心筋梗塞の病状が軽い場合は退院後に自宅でリハビリを行えますが、症状が重い場合にはリハビリ病院に転院することになります。リハビリ病院には専門スタッフが配置されており、指導体制も整っています。
経験豊かな専門医や心臓リハビリ指導士によるリハビリはやはり回復も早く、目処も立てやすい効果的な方法といえます。

自宅でリハビリを行う場合も、定期的にリハビリ病院に通院して、専門医や心臓リハビリ指導士にアドバイスを受けることができます。
患者の心筋梗塞の状態やケアの状態に適した運動のプログラムを作成してもらい、それを実践することが回復の助けに大きく役立ちます。


入院中と同様に退院後も、家族のサポートは重要になります。

回復に向けた生活スタイルと心筋梗塞の再発防止へのサポートとなりますが、食事療法による高血圧やコレステロール対策や、患者のストレスを減らす配慮も重要となります。とりわけ職場への復帰を考える場合は、より家族のバックアップが大事な要素となります。

また心筋梗塞をはじめ致死率の高い疾病を経験した場合に、精神が病んでしまったり、不可解な行動を取ってしまうケースもあり、いかなる状況でも冷静に対応できるような対策を練っておくことも大切となります。
関連コンテンツ

心筋梗塞と家族の役割について

心筋梗塞からの回復には、家族のサポートが重要で不可欠となります。家族の患者を支える努力は、順調で早い健康回復への大きな要因となります。 心筋梗塞の発作から緊急入院までを付き添った家族からすれば、・・・

心筋梗塞とリハビリ〜その2

心筋梗塞の再発の予防はもちろん、健康を回復し維持するためにリハビリは多く行われています。リハビリは心筋梗塞などの心臓病を経験した後に、健康回復の為に行われ、疾病で衰えた身体機能を正常な状態に戻すように・・・

心筋梗塞とリハビリ〜その1

心筋梗塞や狭心症は冠動脈の動脈硬化が根本原因です。適度な運動療法と食事療法で動脈硬化の進行を抑え、再発を予防することが重要となります。運動不足の人は心筋梗塞になりやすいことは確認されていますから、積極・・・