手湿疹治療 〜かゆみ症状・薬・ハンドクリームのTOPに戻る

スポンサードリンク

手湿疹は就寝時のケアが大切!

手の荒れや手湿疹の症状を悪化させないためには、就寝前のケアが非常に大切なことなのです。

日中は手や指を使用する機会が多いので、手を洗ったりする回数が多いかと思います。

ですので、ハンドクリームや保湿剤を使用しても、手を洗う度に洗い流していることになってしまいます。

しかし、就寝時は日中と比較してみると、ハンドクリームや保湿剤で荒れてしまった手や指をケアするのに長時間とれますので、手荒れや手湿疹の症状を悪化させないためにも、
就寝前にしっかりケアすることが大切です。

手荒れや手湿疹などで、ひび割れなどがひどい場合は、ステロイドが付着してあるテープなどを使用してから就寝するのが良いでしょう。

しかし、皮膚科へ受診し処方してもらう必要があります。

就寝時は、寝返りなどで、知らないうちに様々な動きをしているものです。
ですので、しっかりと傷口を保護しておかないと、起床時にひび割れから出血している場合などがあります。

手荒れや手湿疹などで、ひび割れなどの深い傷がある場合は、その傷の部分をしっかりと保護してから就寝するように心がけましょう。

もし、ステロイドが付着しているテープなどが無い場合は、傷口を保護してくれるバンドエイドや傷口の治療薬などを使用し、手荒れや手湿疹で荒れてしまった手や指の傷口をしっかり保護するようにしましょう。

手荒れや手湿疹に一番大切なことは乾燥から守ることなのです。

皮膚科などで処方される保湿剤やハンドクリームなどは、日中の手荒れや手湿疹のケアよりもしっかりと保湿することを心がけるようにしてください。

少し量が多いかと思うくらいに、たっぷりと塗りこみ、手早く済ませるのではなく、念入りにケアするようにしましょう。

たっぷりと塗りこんだ後は、必ず綿の手袋などを使用し手や指を覆うようにケアすることが重要になってきます。
関連コンテンツ

手湿疹の保湿はワセリンで

手湿疹の保湿には、非常に安全性が高いワセリンをお勧めします。 口内炎や目の治療時に出される軟膏でも使用されているワセリンは、口や目に入れても安全な治療薬なのです。 皮膚科などで手湿疹の治療・・・

手湿疹の必需品

ご家庭で出来る手や指などのケアは、皮膚が弱くなっている手湿疹の方には、皮膚を保護する為にも大切なことになってきます。 手荒れや手湿疹の症状がある方の肌は、非常に刺激に弱く敏感になっています。 ・・・

手湿疹の漢方薬治療

皮膚科にて手湿疹の治療をされている方などは、医師より漢方薬を処方されている方もいらっしゃるのではないかと思います。 よく処方されるのが、桂枝茯苓丸加よく苡仁(けいしぶくりょうがんりゅうかよくいに・・・

手湿疹に優しい石鹸

手荒れや手湿疹でお悩みの皆様は、どのような石鹸をお使いですか? 手湿疹で刺激を受けやすい方などは、有害物質を含まない無添加石鹸を使用するのが好ましいのです。 手荒れが酷い方や手湿疹でお悩みの方・・・