手湿疹治療 〜かゆみ症状・薬・ハンドクリームのTOPに戻る
「手湿疹治療 〜かゆみ症状・薬・ハンドクリーム」トップ >  手の湿疹対策 > 手湿疹になったらバッチテストをしよう

スポンサードリンク

手湿疹になったらバッチテストをしよう

皮膚科にて手湿疹を受診される場合、受診される医師にもよりますが、パッチテストを行う場合があるようです。

アトピーの要素がどれだけあるかという検査を目的としたパッチテストのようです。
手湿疹で悩まれる方の大半が、アトピー要素を持っていらっしゃることが多いので、パッチテストを行うことが多いのです。

それに、アトピーからなってしまった皮膚炎が、手湿疹の症状として、いつまでも残ってしまう恐れがあるからこそ、このパッチテストを行うようです。

さて、パッチテストとはどういった検査なのでしょうか、簡単ではありますが、ご説明させていただきます。

かぶれや湿疹などがおこる手湿疹の原因を明確にするためのパッチテストで、皮膚自体に薬品をつけ、アレルギー反応があるのか、ないのかを確かめるものなのです。

薬品を浸した絆創膏などを、二の腕や背中などに貼り付け、24〜72時間程、貼ったままにし、その後、アレルギー反応がでているかどうかの反応を見るのです。

このパッチテストは、皮膚誘発テストとも言い、スキンケア用品や洗剤やボディー用の石鹸などを使用する際や、直接触れるものに対してのアレルギー反応があるかどうかを確かめる方法なのです。

ご自分で毛染めなどをされる方など、パッチテストを行った後、毛染めされる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

手湿疹の検査で、このパッチテストを行う理由は、日頃、使用している洗剤や石鹸、またはスキンケア用品が肌質などに合わず手湿疹の症状を悪化させてしまっているケースがあるからなのです。

このパッチテストによって原因が判明すれば、手湿疹の原因となっている物をアレルギー物質の含まれていない物に替えることで、手湿疹の症状がかなり落ち着いてくる場合が多々あるのです。

手湿疹で皮膚科などに受診されている方で、今までパッチテストを行ったことがない方は、一度、医師に相談し、パッチテストをしてみるのも良いかもしれません。

パッチテストにより手湿疹になる原因が判明すれば、皮膚科へ通院する回数が減ることにもなりますし、症状が悪化することも防げるかと思います。
関連コンテンツ

手湿疹の原因:経皮毒

経皮毒(けいひどく)をご存じでしょうか? 経皮毒は、手湿疹の原因の1つとして言われているのです。 あまり耳にしたことがない言葉ではないかと思いますが、経皮毒とは、皮膚などの粘膜から体内に吸収さ・・・

主婦は手湿疹になりやすい?

水仕事をされている方や主婦の方などは、手湿疹になりやすいと言われています。 1日中 家事などをされていて、洗剤を使用することが多い主婦は特に手湿疹になってしまわれる方が多いようです。 家事・・・