痛風の症状 〜食事・治療で痛みを克服!のTOPに戻る

スポンサードリンク

痛風を発症しやすい生活習慣

生活習慣も痛風の発症に大きく関係しているのです。

痛風のリスクを高めてしまう、生活習慣とはどのようなものがあるのでしょうか。
ズバリ申しますと、「不規則な生活習慣」であり、高血圧や糖尿病、肥満などの生活習慣全般を発症するような、悪い生活習慣です。

「痛風予防だからプリン体と尿酸値に事だけ考えれば良い」と考えている人もいるかもしれませんが、この生活習慣病とは、それぞれが鎖の一部分みたいなもので、それらがお互い密接に関係しているのです。

例をあげると、「内臓脂肪型肥満」の方であれば、痛風を発症する確率は、通常の人の2・3倍にもなりますし、痛風を発症している方々で、高血圧の方が多いのです。
ですから、悪い意味での相乗効果が働いてしますので、痛風を予防・改善するためには、生活習慣を悪化させてしまう要因をなるべく取り除くことが大切です。

基本的には、「お酒の飲み過ぎ」・「脂肪や糖質の過剰摂取」・「運動不足」・「タバコの喫煙」は良くありませんが、これらすべてを完璧に実践する事は、簡単なことじゃありません。

ですから、人間には、免疫力という自己防衛機能があり、多少の不規則に対しては、身体が許容してくれますが、この免疫力の許容範囲を超える不規則な生活習慣を続けると許容できなくなりますので、注意してください。
関連コンテンツ

痛風と飲酒の関係

昔から取り上げられている痛風と飲酒の関係ですが、その中でも特に痛風と関係深いのがビールと言われており、このビールと言うのは、酒の中でもプリン体を多く含んでいるのです。 特に成分の濃い傾向がある地・・・

痛風を予防する食事習慣と食品

プリン体を多量に含む食品は、やはり痛風を促進していまいます。 日常、食べている食品は、考えてみると殆どが「生物由来の食品」である為、世の中の99%以上の食物には、プリン体が含まれているのです。 ・・・

痛風は尿酸が引き起こす

尿酸とは、プリン体の老廃物であり、痛風の最も直接的な成分ですが、実は、とても強力な「抗酸化物質」の一つで、この抗酸化物質とは、人体の酸化を防止する物質で必要不可欠な成分なので、体内の尿酸値が低下し、低・・・

痛風はプリン体が原因?!

糖質や脂質の過剰摂取が関係する糖尿病のように、痛風にも、最も関連深い成分があり、それが「プリン体」なのです。 このプリン体とは、遺伝物質(DNA)を構成している物質の一つであり、DNAと言えば、・・・