痛風の症状 〜食事・治療で痛みを克服!のTOPに戻る

スポンサードリンク

痛風を予防する食事習慣と食品

プリン体を多量に含む食品は、やはり痛風を促進していまいます。

日常、食べている食品は、考えてみると殆どが「生物由来の食品」である為、世の中の99%以上の食物には、プリン体が含まれているのです。

穀類で、大豆が圧倒的にプリン体の量が多く、その含有量は、主食である白米やパンと比較しても断トツなのですが、大豆というのは、主食にするケースは少ないため、必要以上に神経質になる必要はないので、痛風を気にする人は、魚介類や肉類の過剰摂取に注意する必要があります。

肉類よりも魚介類の方がプリン体の量は多い傾向にありますが、肉類でもレバーの部分にかんしては、魚介類よりもプリン体を多く含むのです。
ですから、魚介類や肉を主食にしている人は、これらの摂取量を減らすことが理想的で、プリン体の少ない野菜やご飯を多めに食べることで空腹を補いましょう。

ここで、注意してほしいのは、痛風を気にする余り、このプリン体の数字を追いかけて食事をしたとしても、美味しくもなく、ストレスが溜まるだけなので、野菜とご飯を食べる量を増やして、この増やした分だけ魚介類と肉類の食べる量が必然的に減りますので、自分に無理のない範囲で、痛風対策として食事習慣に気を配ってみましょう。
関連コンテンツ

痛風と飲酒の関係

昔から取り上げられている痛風と飲酒の関係ですが、その中でも特に痛風と関係深いのがビールと言われており、このビールと言うのは、酒の中でもプリン体を多く含んでいるのです。 特に成分の濃い傾向がある地・・・

痛風を発症しやすい生活習慣

生活習慣も痛風の発症に大きく関係しているのです。 痛風のリスクを高めてしまう、生活習慣とはどのようなものがあるのでしょうか。 ズバリ申しますと、「不規則な生活習慣」であり、高血圧や糖尿病、肥満・・・

痛風は尿酸が引き起こす

尿酸とは、プリン体の老廃物であり、痛風の最も直接的な成分ですが、実は、とても強力な「抗酸化物質」の一つで、この抗酸化物質とは、人体の酸化を防止する物質で必要不可欠な成分なので、体内の尿酸値が低下し、低・・・

痛風はプリン体が原因?!

糖質や脂質の過剰摂取が関係する糖尿病のように、痛風にも、最も関連深い成分があり、それが「プリン体」なのです。 このプリン体とは、遺伝物質(DNA)を構成している物質の一つであり、DNAと言えば、・・・