痛風の症状 〜食事・治療で痛みを克服!のTOPに戻る

スポンサードリンク

痛風の治療法

痛風の予防法には、ストレス解消とか肥満解消とかいくつかありますが、実際に痛風を患ったときの治療法というのは、主に二つしかないのです。

痛風を患う前でしたら、食事に気をつけていればどうにかなるケースが多いのですが、実際に患ってしまうと、薬物療法と食事療法の二つの治療法を併用していくことが基本となります。

痛風というには、その症状が進行すると腎臓病になり、最終的には人工透析が必要になるなど、同じ尿の病気である糖尿病との共通点も多いので、治療法に関しても似ている部分が目立ちます。

1.薬物治療について
・この治療法は、プリン体の生成を抑制する薬とプリン体の体外排出をスムーズにする薬があり、これらは、医師の判断により処方されるのです。

2.食事治療について
・担当の医師から尿酸値を上げない食事メニューや控えるべき食品などが提案され、それにしたがって、食生活を送っていくことになりますが、ただ、肉や魚がすくない菜食メニューが中心で、悪くいうと病院の食事をイメージさせるようなメニューとなります。

また、痛風という病気は、食事習慣よりも先天的要素の割合が大きいので自分の可能な範囲の食事療法を行い、薬物治療をメインに治療を進めるというのが一般的です。
関連コンテンツ

痛風の予防・対策法まとめ

痛風予防・対策法をご紹介します。 1.痛風とは、年配者が発症する症状だと思われがちですが、実は働き盛りに多い症状でもあり、30代で発症することも珍しくないので、この痛風予防には、定期的な健康診断・・・

両国東口クリニックで痛風治療

東京都墨田区両国にある「両国東口クリニック」は、「内科・リウマチ科・人工透析」を診療科目とする病院です。 この両国東口クリニックでは、痛風治療も専門分野の一つとしており、また人工透析の設備も完備・・・

痛風の薬について

尿酸の排泄促進と尿酸の産生抑制の二つは痛風の薬の作用です。 参考までにいくつか痛風の薬物療法で使用される薬を紹介します。 1.ザイロリック(アロプリノール) ・この薬は、尿酸の産生を抑え・・・