痛風の症状 〜食事・治療で痛みを克服!のTOPに戻る

スポンサードリンク

痛風の薬について

尿酸の排泄促進と尿酸の産生抑制の二つは痛風の薬の作用です。

参考までにいくつか痛風の薬物療法で使用される薬を紹介します。

1.ザイロリック(アロプリノール)
・この薬は、尿酸の産生を抑える痛風の薬で、尿酸が体内で作られやすい体質の人に効果があると言われています。

2.ユリノーム(ベンズブロマロン)
・この薬は、尿酸を尿中n排出させることで、尿酸値を下げる痛風治療薬で、特に尿酸を排出する能力が低下している人に効果があると言われています。

3.ベネシッド(プロベネシッド)
・この薬は、ベンズブロマロンと同じで、尿酸の排泄促進型の痛風治療薬なのですが、最近はめったに使用されていない薬です。

4.ロキソニン(ロキソプロフェンナトリウム)
・この薬は、消炎・鎮痛剤で、炎症の痛みを軽減するための薬ですで、痛風を含む関節炎に良く使用されます。

5.ウラリット
・この薬は、尿の強酸性を弱酸性にする薬で、尿酸結石の予防で使用されるケースが多くて、痛風のケースでは、他の薬と組み合わせて使用されることが多いのです。

ここで、ご紹介した薬は、通販にて購入可能なものもありますが、人それぞれ体質が違いますし、病院治療などでも、症状によって使用する薬が違いますので、やっぱり、病院でちゃんと診察を受け、処方してもらうことがいいでしょう。
関連コンテンツ

痛風の予防・対策法まとめ

痛風予防・対策法をご紹介します。 1.痛風とは、年配者が発症する症状だと思われがちですが、実は働き盛りに多い症状でもあり、30代で発症することも珍しくないので、この痛風予防には、定期的な健康診断・・・

両国東口クリニックで痛風治療

東京都墨田区両国にある「両国東口クリニック」は、「内科・リウマチ科・人工透析」を診療科目とする病院です。 この両国東口クリニックでは、痛風治療も専門分野の一つとしており、また人工透析の設備も完備・・・

痛風の治療法

痛風の予防法には、ストレス解消とか肥満解消とかいくつかありますが、実際に痛風を患ったときの治療法というのは、主に二つしかないのです。 痛風を患う前でしたら、食事に気をつけていればどうにかなるケー・・・