痛風の症状 〜食事・治療で痛みを克服!のTOPに戻る

スポンサードリンク

痛風と症状が似ている病気

少し、痛風とよ〜く間違われる症状を紹介します。

1.外反母趾(がいはんぼし)
・外反母趾とは、小さなサイズの靴を長期間履き続けていた場合などに徐々に現れる症状で、これは親指の付け根が痛む事もありますので、痛風と勘違いする場合がありますが、この外反母趾の特徴として、日頃からハイヒールを履いている女性に多いのです。

2.中足骨骨頭痛(ちゅうそくこつこつとうつう)
・これは、足の裏の指の付け根あたりが、チクチク、ピリピリする症状が特徴で、立ち仕事や足先で歩く癖がある人が発症する場合があり、その中には、痛風と勘違いしてしまう人もいます。

3.関節リウマチは、関節痛の一種ですが、これが足の指に症状が現れる場合がありますし、この関節リウマチに関しても、痛風と間違われる場合がありますが、この関節リウマチと良く似た症状に変形性関節症があり、この症状も痛風と間違われることがありますので、これらの関節痛疾患の症状は、整形外科や膠原病リウマチ内科で、治療可能ですが、もしここで、痛風と診断されも、この二つの診療科で治療を受けられる場合が多いのですが、来院する前に治療内容を確認してみるといいでしょう。
関連コンテンツ

偽痛風〜痛風と症状が似ている

偽痛風(ぎつうふう)とは、痛風とよく似た症状のものです。 この偽痛風とは、別名、CPPD沈着症あ軟骨石灰化症とよばれ、関節痛を起こす疾患で、これは、関節にピロリン酸カルシウム(CPPD)が沈着す・・・

痛風の合併症〜生活習慣病・腎臓疾患

生活習慣病と腎臓疾患の二つは、痛風と関わりのある症状です。 これらの症状が合わさって、合併しやすので、痛風の合併症であるのです。 生活習慣病に関しては、痛風の人には肥満の人が多いし、肥満の人に・・・

痛風と無症候性高尿酸血症

痛風というのは、尿酸値が高い状態が続くと、痛風発作がでて、とても激しい痛みを味わうことになりますが、尿酸値が高いにもかかわらず、痛風やその他の症状が出ない場合があります。この様な症状のことを無症候性高・・・