痛風の症状 〜食事・治療で痛みを克服!のTOPに戻る

スポンサードリンク

痛風と無症候性高尿酸血症

痛風というのは、尿酸値が高い状態が続くと、痛風発作がでて、とても激しい痛みを味わうことになりますが、尿酸値が高いにもかかわらず、痛風やその他の症状が出ない場合があります。この様な症状のことを無症候性高尿酸血症といい、症状が現れない高尿酸血症なのです。

自己防衛能力がある人間の身体は、どこか悪いところがあれば、それを痛みという症状で知らせてくれますが、これらの痛みが無ければ、例え身体が重大な危機に直面していたとしても、その本人は何も気づかず生活を続けてしまい、症状が出始めたときにはもう手遅れになったりします。
この無症候性高尿酸血症では、例え痛風症状が無くても、腎臓にダメージを蓄積されて、最悪のケースでは、合併症を引き起こす可能性もあるのです。

この尿酸値とは、血圧のように自宅で計測することができませんので、定期的な健康診断や人間ドックを受け、自分の尿酸値を把握し、その値が高ければ、再検査や病院の診察をうけることをお勧めしますが、尿酸値の計測は、一回のみのデータより、長期的に見て判断するのが理想なのです。

近年では、痛風も低年齢化が進み、30代で痛風を発症する場合も増加していますので、特に30歳以上の男性は、定期的に尿酸値の計測を行うことをお勧めします。
関連コンテンツ

偽痛風〜痛風と症状が似ている

偽痛風(ぎつうふう)とは、痛風とよく似た症状のものです。 この偽痛風とは、別名、CPPD沈着症あ軟骨石灰化症とよばれ、関節痛を起こす疾患で、これは、関節にピロリン酸カルシウム(CPPD)が沈着す・・・

痛風の合併症〜生活習慣病・腎臓疾患

生活習慣病と腎臓疾患の二つは、痛風と関わりのある症状です。 これらの症状が合わさって、合併しやすので、痛風の合併症であるのです。 生活習慣病に関しては、痛風の人には肥満の人が多いし、肥満の人に・・・

痛風と症状が似ている病気

少し、痛風とよ〜く間違われる症状を紹介します。 1.外反母趾(がいはんぼし) ・外反母趾とは、小さなサイズの靴を長期間履き続けていた場合などに徐々に現れる症状で、これは親指の付け根が痛む事もあ・・・