痛風の症状 〜食事・治療で痛みを克服!のTOPに戻る

スポンサードリンク

痛風の合併症〜生活習慣病・腎臓疾患

生活習慣病と腎臓疾患の二つは、痛風と関わりのある症状です。

これらの症状が合わさって、合併しやすので、痛風の合併症であるのです。
生活習慣病に関しては、痛風の人には肥満の人が多いし、肥満の人には痛風が多いのが事実です。
糖尿病や高血圧や高脂血症の3つの生活習慣病に関しても同様なので、肥満・高血圧・糖尿病・高脂血症の一つでも当てはまる生活習慣病の症状があるのなら、通常の人と比べて痛風に罹る可能性が高いということを理解し、普段の生活習慣を改善することです。

また、腎臓疾患とは、痛風の合併症として最も恐ろしいのです。この腎臓疾患とは、尿路結石(尿路が石で詰まる)、痛風腎(腎臓の機能を低下させる)、慢性腎不全(腎臓の機能が極端に悪化)があり、この腎不全も悪化してくると末期の腎不全とも言える尿毒症の可能性も出てきます。その場合、人工透析が必要となる場合があるのです。

この人工透析とは、血液透析機などを用いて、血液を浄化させるもので、精神的負担も伴う治療法で、これは、週に3回の治療が基本とされ、1回の治療につき、約4時間を要するのです。

尿毒症や慢性腎不全、腎臓治療の人工透析は、糖尿病ともとっても関連していて、痛風との共通性と今後の行く末を握っているのです。
関連コンテンツ

偽痛風〜痛風と症状が似ている

偽痛風(ぎつうふう)とは、痛風とよく似た症状のものです。 この偽痛風とは、別名、CPPD沈着症あ軟骨石灰化症とよばれ、関節痛を起こす疾患で、これは、関節にピロリン酸カルシウム(CPPD)が沈着す・・・

痛風と無症候性高尿酸血症

痛風というのは、尿酸値が高い状態が続くと、痛風発作がでて、とても激しい痛みを味わうことになりますが、尿酸値が高いにもかかわらず、痛風やその他の症状が出ない場合があります。この様な症状のことを無症候性高・・・

痛風と症状が似ている病気

少し、痛風とよ〜く間違われる症状を紹介します。 1.外反母趾(がいはんぼし) ・外反母趾とは、小さなサイズの靴を長期間履き続けていた場合などに徐々に現れる症状で、これは親指の付け根が痛む事もあ・・・