痛風の症状 〜食事・治療で痛みを克服!のTOPに戻る

スポンサードリンク

偽痛風〜痛風と症状が似ている

偽痛風(ぎつうふう)とは、痛風とよく似た症状のものです。

この偽痛風とは、別名、CPPD沈着症あ軟骨石灰化症とよばれ、関節痛を起こす疾患で、これは、関節にピロリン酸カルシウム(CPPD)が沈着することによって、発症するのです。

これらの症状は、痛風と良く似ていることから、偽痛風という名がつけられたのです。

この偽痛風の発生箇所じは、体中のいろいろな関節に発生するのですが、特に膝関節に多いのが特徴で、痛風と比較すると痛みの弱い傾向がありますが、相当なレベルの痛みを伴います。

この偽痛風と痛風との一番の違いは、尿酸由来でないことなので、血液検査を行うことでどちらの症状かを知ることが出来るのです。

この偽痛風のその他の特徴として、遺伝的な要素で発症する場合が多く、男も女も関係なく発症する、働き盛りを過ぎた中高年(60歳以上)に多いなどがあり、痛風とは、まったく違う疾患といえるのです。

また、偽痛風の治療を行っている診療科は、整形外科や内分泌代謝内科、膠原病リウマチ内科などがありますが、腎臓内科では、治療を行っていないようです。

偽痛風の治療は、その症状が現れてから治療を行っても良いと言われていて、普段の生活で徹底的に気をつけることは、基本的に無いようです。
関連コンテンツ

痛風の合併症〜生活習慣病・腎臓疾患

生活習慣病と腎臓疾患の二つは、痛風と関わりのある症状です。 これらの症状が合わさって、合併しやすので、痛風の合併症であるのです。 生活習慣病に関しては、痛風の人には肥満の人が多いし、肥満の人に・・・

痛風と無症候性高尿酸血症

痛風というのは、尿酸値が高い状態が続くと、痛風発作がでて、とても激しい痛みを味わうことになりますが、尿酸値が高いにもかかわらず、痛風やその他の症状が出ない場合があります。この様な症状のことを無症候性高・・・

痛風と症状が似ている病気

少し、痛風とよ〜く間違われる症状を紹介します。 1.外反母趾(がいはんぼし) ・外反母趾とは、小さなサイズの靴を長期間履き続けていた場合などに徐々に現れる症状で、これは親指の付け根が痛む事もあ・・・